研究者プロフィール

田部井 豊

research map

生物機能利用研究部門

遺伝子利用基盤研究領域

研究者としてのモットー

将来の日本と世界の農業に役立つ技術開発

プロフィール

植物バイオテクノロジーを用いた品種改良に関する研究を行ってきました。 遺伝子組換え技術は大きな可能性を持っていると考え、これまでイネ由来キチナーゼ遺伝子を導入した耐病性キュウリや病虫害抵抗性を付与するアブラナ科作物等の開発を行い、遺伝子組換え農作物の社会実装には安全性と一般市民の理解が不可欠なことから、安全性評価研究やサイエンスコミュニケーションに従事しています。 近年、植物を用いた有用物質生産の重要性に鑑み、葉緑体形質転換作物の物質生産能力に注目して形質転換系の開発にも従事するとともに、遺伝子組換え技術は組織培養に支えられていることから、難培養作物における培養系の開発を行っています

研究センター