研究者プロフィール

吉田 均

research map

生物機能利用研究部門

遺伝子利用基盤研究領域 研究領域長

研究者としてのモットー

夢のある研究を楽しくまじめに

プロフィール

これまで主にイネを対象として、形態形成などに関わる遺伝子の機能を解析してきました。 私たちが同定した、【鱗被(りんぴ)】(花びらに相当)という花器官の形態が変化したイネは、開花せず稔実するため、交雑を抑制し、品種の純度を維持するために有効です。 このように、イネではさまざまな変異が同定され、利用可能ですので、こうした知見を実用的な場面に展開できるよう、日々、頭をひねっています。

研究センター