研究者プロフィール

石川 雅之

research map

生物機能利用研究部門

植物・微生物機能利用研究領域 植物微生物機能ユニット

研究者としてのモットー

基礎研究からイノベーションを

プロフィール

タバコモザイクウイルスを主要なモデルとして、ウイルスの増殖機構を研究しています。これまでに、タバコモザイクウイルスが、植物の特定のタンパク質を利用して複製していることを見いだしました。このタンパク質の発現を抑制すると、少なくとも実験室レベルでは植物の生育を損なうことなく、タバコモザイクウイルスの感染を受けつけなくすることができました。このような成果がいつの日かウイルス病の防除に役立つことを夢見ています。

研究センター