研究者プロフィール

矢野 昌裕

research map

次世代作物開発研究センター

所長

研究者としてのモットー

ニーズに合った品種をより早く、より効率的につくる

プロフィール

イネのゲノム情報を品種育成へ利用するための研究基盤構築や、イネの出穂期(開花期)をはじめとして、品種改良において重要な形質の遺伝解析や遺伝子単離に取り組み、それらの情報を活用した効率的な育種技術の開発に従事してきました。特に出穂期を決めている遺伝子の単離とそのネットワーク解明に貢献しました。現在は次世代作物開発研究センターの所長として、作物の新品種育成や新たな育種技術開発に取り組んでいます。

研究センター