研究者プロフィール

梅本 貴之

research map

次世代作物開発研究センター

稲研究領域 米品質ユニット

研究者としてのモットー

ご飯や米加工食品の品質向上につながる研究を目指しています。

プロフィール

米の品質・食味が、品種や栽培環境によってなぜ違うのかに興味を持っています。これまでに米澱粉のアミロペクチン構造の品種間差を調べ、その違いの原因が澱粉代謝関連酵素の自然変異にあることを明らかにしました。また、このようなアミロペクチンの品種間差を活用して、ご飯やお餅の柔らかさ保持性に優れる品種の開発につなげています。今後も米の品質・食味を制御する要因や遺伝子を突きとめて、品種改良に役立てたいと考えています。

研究センター