研究者プロフィール

土師 岳

research map

果樹茶業研究部門

品種育成研究領域 遺伝資源ユニット

研究者としてのモットー

日々の積み重ねが将来につながる

プロフィール

これまで核果類(モモ、ウメ、アンズ、スモモ)の育種、リンゴの農薬削減栽培と除草、リンゴの育種、放射線を利用した果樹の突然変異育種を担当してきました。
2016年4月より遺伝資源ユニットにおいて果樹の遺伝資源に関する研究や多様な遺伝資源を利用した育種素材の開発を行っているほか、ジーンバンク事業における果樹のサブバンク業務を担当しています。
遺伝資源は育種親として重要な役割を果たしますが、直接的な経済価値が乏しいものは急速に失われます。早急に収集保存必要があるので、情報がありましたら連絡お願いします。

研究センター