研究者プロフィール

石田 聡

research map

農村工学研究部門

地域資源工学研究領域 地下水資源ユニット

研究者としてのモットー

フィールドワークから地下水資源の開発・保全手法を考える

プロフィール

農地の持つ多面的機能のうち地下水かん養機能は、かんがい水や雨水が農地から地下浸透して地下水に付加され、これが水源として利用されるものですが、気候変動による気象、水象の変化によりこの機能が劣化した場合、農村地域を越えた広い流域へその影響が及びます。このため,当ユニットでは、健全な水循環システムの維持を図るために、広域的な地下水流動系についての調査・研究を行い、気候変動の影響評価や対策技術の開発、地下水流動機構解析手法の開発を行っています。
また、福島第1原子力発電所の損傷により環境中に放出された放射性物質の測定技術や農地除染技術などの開発を行ってきました。

研究センター