連携大学院

概要

大学院教育の実施にあたり、学外における高度な研究水準をもつ試験研究機関の施設・設備や人的資源を活用して大学院教育を行う教育研究方法の一つです。

制度的位置付け

大学院が教育上有益と認めるときは、大学院の学生が研究所等において必要な研究指導を受けることが認められており(大学院設置基準第13条)、連携大学院方式は、この制度を組織的に実施するものです。

メリット

大学にとっては、教育研究内容の豊富化、学際化が図られ、学生の選択肢を増やし、大学院教育の活性化を図ることができます。農研機構にとっては、農業・食品産業技術分野における人材育成というメリットがあります。また、大学と農研機構の研究部門・センターにおける研究者間の交流の促進を通じて、共同研究のシーズ形成といった可能性もあります。

実施方法

  • 通常、大学との間で、学生に対する指導方法、研究員の派遣等について、協定書を結び、主に農研機構の研究部門・センターにおいて学生の研究指導を行います。
  • 農研機構の研究員は、大学から客員教授等の発令を受け、学位論文の審査や教育課程の策定など、教学面に関して、大学の教員と同等の立場で大学院教育に参画します。

農研機構における取り組み状況

協定締結先教育研究指導等実施研究所
北海道大学 北海道農業研究センター
岩手大学 東北農業研究センター
東北大学 食品研究部門
茨城大学 食品研究部門
農業環境変動研究センター
筑波大学 中央農業研究センター
果樹茶業研究部門
野菜花き研究部門
畜産研究部門
農村工学研究部門
食品研究部門
生物機能利用研究部門
次世代作物開発研究センター
農業技術革新工学研究センター
農業環境変動研究センター
筑波大学協働大学院 食品研究部門
宇都宮大学 畜産研究部門
千葉大学 農村工学研究部門
次世代作物開発研究センター
東京大学 中央農業研究センター
畜産研究部門
食品研究部門
生物機能利用研究部門
次世代作物開発研究センター
農業環境変動研究センター
遺伝資源センター
東京農工大学 畜産研究部門
食品研究部門
農業環境変動研究センター
お茶の水女子大学 食品研究部門
静岡大学 食品研究部門
新潟大学 中央農業研究センター
生物機能利用研究部門
上越教育大学 中央農業研究センター
岐阜大学 動物衛生研究部門
三重大学 野菜花き研究部門
大阪府立大学 動物衛生研究部門
広島大学 西日本農業研究センター
山口大学 動物衛生研究部門
生物機能利用研究部門
徳島大学 食品研究部門
九州大学 九州沖縄農業研究センター
横浜市立大学 生物機能利用研究部門
東京工業大学 農業環境変動研究センター
名古屋大学 高度解析センター
豊橋技術科学大学 農業環境変動研究センター
東京農業大学 北海道農業研究センター
畜産研究部門
生物機能利用研究部門
次世代作物開発研究センター
農業環境変動研究センター
遺伝資源センター
東海大学 九州沖縄農業研究センター
東京理科大学 動物衛生研究部門
食品研究部門
芝浦工業大学 農業技術革新工学研究センター
聖徳大学 食品研究部門
法人番号 7050005005207