平成28年熊本地震農業被害からの復旧・復興のための参考技術情報

省力施工が可能な基礎杭を利用した園芸用ハウス補強技術

  • 骨組み構造の重量が一般建築物より軽い園芸用ハウスは、見かけ上平成28年熊本地震による倒壊などの被害は小さいものの、地盤が緩くなり基礎部の耐風性が低下している可能性があります。本資料では、台風シーズンを前に速やかに園芸用ハウスの補強を行う技術を紹介します。
  • 既設ハウスのパイプ地際や基礎部に、根太パイプを取り付けて、それに後付けでスパイラル杭をクランプ等で接合することにより、横風に対する耐風性を向上させることができます。
  • 軟弱地盤でも適切に施工することで強度を確保できます。施工位置を足で踏み固める程度で十分です。
  • 奥行き15mのハウスで3m間隔に杭を設置する場合のコストは約4万円です。

図1 参考文献
1)超省エネ・高強度な次世代型パイプハウス施工マニュアル
2)スパイラル杭

表示ページ印刷
印刷用PDF [PDF:349KB]
法人番号 7050005005207