平成28年熊本地震農業被害からの復旧・復興のための参考技術情報

夏季に栽培できる飼料作物の播種晩限

  • 平成28年熊本地震により、一部の被災農地では播種の遅れが想定されます。本資料では、飼料作物の播種作業が計画どおりに行えない場合に、作付計画見直しの参考となる播種晩限について説明します。
  • 夏季に作付する飼料作物には、飼料用トウモロコシ、ソルガム(スーダングラス含む)、エンバク(夏播き栽培)などがあります。
  • 平地での播種晩限の目安は、トウモロコシ、ソルガムでは8月上旬、エンバクでは9月前半です。夏播きに適した品種を選択して下さい。

図1 参考文献
1)桂ら(2006)第69回九州農業研究発表会発表要旨集:108
2)加藤ら(2007)日本作物学会記事77(別1):262-263.
3)加藤ら(2011)日本草地学会誌 57:172-175.

表示ページ印刷
印刷用PDF [PDF:549KB]
法人番号 7050005005207