平成28年熊本地震農業被害からの復旧・復興のための参考技術情報

平成28年熊本地震の農業関係被害につきましては、農地における地割れの発生や農地法面の崩壊、水路の破壊、また、農業施設や畜舎の損壊などがおき、農作物等の損傷や家畜の斃死など多くの被害が発生しました。

被災地域においては、作目の変更や農作業の遅れに対する早急な対応策や、農業施設や農地の復旧には一定の時間を要し、長期的な取組も必要となることが想定されます。

そこで、農研機構では、農林水産省と協力して、地震による農業被害からの復旧にあたって参考となる技術面の情報について、これまでの研究成果の中から抽出し、参考技術情報として整理しました。これらの技術情報が、熊本地震における農業被害からの復旧・復興に、少しでもお役に立てば幸いです。

熊本地震の農業被災現場において活用できる参考技術情報をご紹介します。

1.農地・施設の復旧・整備技術情報

2.作物(水稲、麦類、大豆、果樹等)技術情報

3.畜産・飼料作関係の技術情報

関連リンク

農研機構災害対策支援本部第1回会合について
熊本県熊本地方を震源とする地震に関する農研機構災害対策支援本部の設置について
東日本大震災への対応

法人番号 7050005005207