イベント・セミナー詳細

一般

中央農研市民講座「家畜ふん堆肥を上手に使おう」

情報公開日:2010年5月19日 (水曜日)

講演者

加藤 直人(中央農研資源循環・溶脱低減研究チーム長)

日時

2010年8月14日(土曜日)9時30分~10時30分

定員

約70名(事前の申し込み不要)

参加費

無料

場所

食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)
つくば市観音台3-1-1

講演内容

牛、豚、鶏などの家畜の排せつ物の堆肥化は、近年、環境に配慮して屋根の下で行われていますが、それによって肥料成分濃度が以前よりも高くなっています。また、肥料成分濃度や植物に対する有効性は堆肥ごとに異なります。さらに、含まれる肥料成分のバランスは、植物が吸収する養分のバランスとも大きく違います。このため、堆肥に含まれている肥料成分を考えないで多量に連用すると植物に障害が出たり、硝酸による地下水汚染が起きます。そこで、堆肥ごとに肥料成分や有効な窒素を2日間で分析する方法や、連用すると高くなる地力窒素を一般の方でも簡単に測れる方法を開発しましたので紹介します。

堆肥の分析方法

法人番号 7050005005207