イベント・セミナー詳細

一般

中央農研市民講座「土壌の機能と地球温暖化」

情報公開日:2010年12月11日 (土曜日)

講演者

太田 健 (土壌作物分析診断手法高度化研究チーム上席研究員)

日時

2010年12月11日(土曜日)9時30分~10時30分

定員

約70名(事前の申し込み不要)

参加費

無料

場所

食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)
つくば市観音台3-1-1

講演内容

日本には地形や地質の違いによって様々な土壌が分布し、その土壌に適した作物が作られています。土壌は貴重な資源で、作物生産や環境保全に重要な役割を果たしています。土壌にはいろいろな機能(はたらき)があり、植物に必要な養分や水分を蓄えておく機能、有機物などを分解・浄化する機能などがあります。また、土壌中には腐植という形で炭素が蓄積されています。有機物の施用などによって土壌中の炭素を増やすことが可能で、地球温暖化の緩和にも貢献が期待されています。

土壌の種類や機能、土壌と地球温暖化とのかかわりを簡単な実験もまじえて紹介します。

土壌の模式図

法人番号 7050005005207