イベント・セミナー詳細

一般 青少年

金谷茶業研究拠点 一般公開のご案内

情報公開日:2011年7月25日 (月曜日)

昨年の一般公開の様子

日時

2011年9月13日(火曜日) 9時30分~15時00分

イベント

昨年の様子

試飲コーナー

品種茶や冷茶の試飲。品種紹介もあります。

緑茶手揉み実演・体験

日本古来の製造法で、「ほいろ」の上で時間をかけて作ります。ぜひ一度体験してみて下さい。

釜炒り茶製造実演

10時00分~15時00分

機械を使った釜炒り茶の製造実演を行います。

紅茶の手造り体験(先着25組限定)

10時00分~11時00分(受付 9時30分~)

貴重な体験!色と香りの変化が不思議です。手造り紅茶をどうぞ。
手作り紅茶の資料(PDF 2.7MB)

ナスの浅漬けの試食

当所育成品種「あのみのり」の試食を行います。

セミナー

昨年の様子

『茶の放射性セシウム汚染問題』

10時00分~10時40分、13時40分~14時20分

松尾 喜義(研究調整役)
原発事故による茶園の放射性セシウム汚染を軽減する対策技術の内容を説明するとともに、金谷研究拠点で実施している関連研究を紹介します。

『チャの新害虫 チャトゲコナジラミとその対策技術』

10時50分~11時30分

佐藤 安志(環境保全型茶生産技術研究グループ)
チャトゲコナジラミは、近畿の茶園で猛威を振るっている新種のチャ病害虫です。昨年、静岡県でも生息が確認され、現在、被害地域の拡大が懸念されています。講演では、チャトゲコナジラミの特徴や生態、見つけ方のポイント等を分かり易く解説するとともに、その対策法を紹介します。

展示

昨年の様子

野菜茶業研究所 最新の研究成果紹介

最新の研究成果等をパネルでご紹介いたします。

べにふうき緑茶の紹介

抗アレルギー作用に関するパネル展示やべにふうき利用製品を紹介します。

肥料散布機の実演(雨天中止)

13時00分~13時30分

乗用型管理機をベースにした肥料散布機を共同研究により機械メーカーと開発中です。肥料散布量を正確に制御し、送風機による風の力で茶樹の樹冠下に肥料を散布できます。

世界の茶展示

茶には、緑茶、ウーロン茶、紅茶など様々な種類がありますが、いずれもチャの新芽や葉を原料にして作られています。ここでは、国内外から集めた様々な茶を展示します。

観察・診断等

昨年の様子

茶の病害虫の顕微鏡観察・相談

チャの病害虫の実物を顕微鏡を使って観察してみましょう。

土壌診断・相談

土壌の酸性度、塩類濃度を測定します。
※畝間の土(深さ0~20cm、3ヶ所)を混ぜ、そのうち一握り分をお持ちください

煎茶成分分析

アミノ酸、タンニン、ビタミンC、カフェイン、NDF、水分の含有率を調べます。
(NDF:中性ディタージェント繊維)
※煎茶約30gお持ち下さい。

プレゼント

昨年の様子

ご来所の皆様にお土産をご用意しております。
※数に限りがあります。お早めにお越し下さい。

  • 品種茶の一煎パック
  • 野菜の苗

会場

野菜茶業研究所 金谷茶業研究拠点
(静岡県島田市金谷猪土居2769)

金谷茶業研究拠点の地図

 

会場へのアクセス

※会場内の駐車場には限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用願います。

電車を利用

JR金谷駅下車、静鉄バス(5分)、タクシー(5分)、徒歩(30分)

※ 静鉄バス(萩間線)
行き(金谷駅前停留所発)8時00分、9時25分、12時10分、12時55分
帰り(野菜茶業研究所停留所発) 12時23分、12時29分、14時03分、15時13分

お車を利用

東名高速道路 相良牧之原IC出口を直進。
国道473号線を北に約5km進むと左手に看板が見えます。

法人番号 7050005005207