イベント・セミナー詳細

専門家 生産者

2011年度ポテトフォーラム

情報公開日:2011年10月27日 (木曜日)

趣旨

平成23年3月11日に発生した東日本大震災は被災地に甚大な影響を及ぼし、大都市圏でも一時的な食糧供給不足となりました。原発事故による作付制限、風評被害、放射線汚染等は、我が国の食料の安定的確保や安全性が脅かされております。また米国産馬鈴しょ生塊茎の輸入については輸入期間の延長と加工施設の拡大が認められ過去最大の輸入数量になっております。

このような状況の中、国内の基幹農産物である馬鈴しょについては研究機関・農業団体・加工業者の相互連携と、研究体制や設備の充実・支援体制の強化が不可欠となっております。これら馬鈴しょ産業全体の発展に寄与することを目的に、本年度のポテトフォーラムを企画致しました。

つきましては下記により開催いたしますので、多数の皆様に参加頂きますようご案内申し上げます。

開催日時

平成23年12月6日(火曜日)

第一部 フォーラム 13時00分~17時10分
第二部 情報交換会 17時30分~19時00分

開催場所

  • 第一部 フォーラム
    とかちプラザ(レインボー ホール) 帯広市西4条南13丁目1番地
  • 第二部 情報交換会 17時30分~19時00分 立食(会費制)
    ホテル日航ノースランド帯広 帯広市西2条南13丁目1番地(ノースランドホール)

主催

帯広市、(独)農研機構 北海道農業研究センタ-、日本スナック・シリアルフーズ協会、北海道馬鈴しょ協議会

後援

北海道、(財)いも類振興会

参集範囲

農林水産省、北海道、(独)種苗管理センター、北海道立総合研究機構(各)農業試験場、農業改良普及センタ-、
大学(農業系)、北海道馬鈴しょ生産安定基金協会、馬鈴しょ実需メ-カ-、肥料・農薬メ-カ-、農機具メ-カ-、
馬鈴しょ生産者、JA、JA北海道中央会、ホクレン

次第

第一部 フォーラム

  • 来賓挨拶と報告「 ばれいしょをめぐる事情 」
    農林水産省生産局農産部地域作物課 課長補佐 後藤 寿 氏
  • 基調講演 「バレイショの安定供給とマーケティング 」
    (株)グッドテーブルス代表取締役社長 山本 謙治 氏
  • 講 演
    (1) 「1,200万人の食卓から見えてくるジャガイモの現状」
    -人気レシピやユーザーの声から食卓の「今」を知る-
    クックパッド(株)マーケティング支援事業 分析グループ長 田中 ひろ美 氏
    (2) 「今こそイノベーションのとき!」(仮題)
    ゼンショー 顧問 中澤 英次 氏
    (3) 「十勝の種馬鈴しょ生産」
    十勝農業協同組合連合会 農産部農産課 課長 上田 裕之 氏
    (4) 「馬鈴しょ関係者への提言」
    日本スナック・シリアルフーズ協会 会長 松尾 雅彦 氏

第二部 情報交換会

参加申込

別紙(下記よりダウンロードできます。)に必要事項をご記入の上、Faxにて11月18日(金曜日)迄にお申込み下さい。

(注)第一部 フォーラム開催場所「 とかちプラザ(レインボー ホール)」の収容人数は350名となっております。
このため参加人数が過大になった場合は「とかちプラザ視聴覚室」にてビデオ視聴のみとなりますので、あらかじめご了承お願い致します。

その他

第二部は会費制(お一人様 4,000円)の情報交換会を予定しておりますので、引き続き参加下さいますようお願い申し上げます。

法人番号 7050005005207