イベント・セミナー詳細

専門家

農研機構国際シンポジウム「農産物の安全・安心を支える高精度分析」

情報公開日:2011年11月 9日 (水曜日)

締切日を延長いたしました 申込み締切:11月25日(金曜日)

開催趣旨

農産物や食品の安全性や表示の信頼性に関して高い関心がもたれているが、それらの科学的根拠は高精度な機器分析に支えられている。特定の成分を対象とする従来の分析法に加え、最近では、農作物や食品、生体に含まれる数千の成分をすべて分析対象とする網羅的な分析とそのデータベース化も可能となっている。こうした最新の高精度分析の実情と、今後の農林水産分野への利用の展望について、核磁気共鳴(NMR)と質量分析(MS)の最先端を担っている研究者の方々からご報告いただく。

開催日時

2011年11月29日(火曜日) 9時30分~17時00分

開催場所

ベルサール飯田橋ファースト ホールA(アクセス)

主催

(独)農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)食品総合研究所

協賛

ブルカー・ダルトニクス,ブルカー・バイオスピン,島津製作所,サーモフィッシャーサイエンティフィック,フード・フォラム・つくば

参加費

無料

申込み締切

2011年11月25日(金曜日)
250名で申込み受付を終了致します。
参加登録はこちら

プログラム

  • 9時15分 Opening of Reception 受付開始
  • 9時30分~9時40分 Opening remarks 開会挨拶
    Takeshi Horie (President, National Food and Agriculture Organization (NARO))
    堀江武(農研機構理事長)
  • 9時40分~10時40分
    Challenges in Metabolomics Addressed by Ultra-High Resolution TOF-MS Technology
    超高分解能飛行時間型質量分析(TOF-MS)によるメタボロミクスへの挑戦
    Aiko Barsch (Bruker Daltonics GmbH, Germany)
  • 10時40分~11時25分
    Contribution of Mass Spectrometry to Food Safety - The Potential and Challenge of MALDI Rapid Microbial Identification and Imaging Technology –
    質量分析による食の安全への貢献 -微生物迅速同定とイメージング技術適用の可能性について-
    Noriyuki Ojima (Shmadzu Co.)
    尾島典行(島津製作所)
  • 11時25分~12時10分
    Frontier of Bio-mass Spectrometry - Live Single Cell Mass Spectrometry for Plants and Its Applications
    バイオ質量分析の最前線 一細胞リアルタイム質量分析法による植物分析
    Tsutomu Masujima (Hiroshima University, RIKEN QBiC)
    升島努(広島大学、理化学研究所 生命システム研究センター)
  • 12時10分~13時10分 Break 休憩
  • 13時10分~14時10分
    New NMR Tools Combining Targeted and Non-targeted Screening for Food Quality and Safety Screening
    食品の品質と安全性に関する選択的および網羅的スクリーニングのための核磁気共鳴(NMR)の新活用技術
    Manfred Spraul (Bruker BioSpin GmbH, Germany)
  • 14時10分~14時40分
    Observation of Heat Damage of Rice Caryopses in Ripening Stage by MRI
    イネ穎果の高温登熟障害のMRI による観察
    Tsutomu Ishimaru (NICS (present JIRCAS)), Motohiko Kondo (NICS), Mitsuru Yoshida (NFRI)
    石丸努(農研機構作物研究所(現国際農林水産業研究センター))・近藤始彦(農研機構作物研究所),吉田充 (農研機構食品総合研究所)
  • 14時40分~15時10分
    Analysis of Radioisotopes by ICP-MS
    放射性同位元素のICP-MS による分析
    Yuichi Takaku (Institute for Environmental Sciences)
    高久雄一((財)環境科学技術研究所)
  • 15時10分~15時20分 Break 休憩
  • 15時20分~15時50分
    Non-targeted Screening of Mycotoxin Derivatives by High Resolution LC-Orbitrap MS and Application to Semi-automatic Multiple Detection
    高分解能LC-Orbitrap MS によるかび毒誘導体のノンターゲットスクリーニングと半自動一斉分析への応用
    Hiroyuki Nakagawa (NFRI), Shigeru Sakamoto (Thermo Fisher Scientific)
    中川博之(農研機構食品総合研究所),坂本茂 (サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社)
  • 15時50分~16時20分
    High Resolution Instrumental Analyses for Reliability of Food Labeling
    食品表示の信頼確保のための高精度分析機器の活用
    Osami Moriyama (FAMIC)
    森山修実(農林水産消費安全技術センター)
  • 16時20分~16時50分
    Tracing the Geographical Origin of Food Using Stable Isotope Analysis
    原料・原産地判別への安定同位体比分析の適用
    Yaeko Suzuki (NFRI)
    鈴木彌生子(農研機構食品総合研究所)
  • 16時50分~17時00分 Closing Remarks 閉会挨拶
    Kiyoshi Hayashi (Director-General, NFRI)
    林清(農研機構食品総合研究所長)
法人番号 7050005005207