イベント・セミナー詳細

専門家

農研機構マッチングフォーラム 「農場の衛生管理システム構築に寄与する常在微生物用消毒用資材」

情報公開日:2011年11月11日 (金曜日)

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)では、畜産物の農場段階での安全性や損耗防止による生産性向上を目指すため、本年4月より開始した第3期中期計画において「農場の微生物汚染低減を目指した日本型家畜飼養管理システムの開発」という研究課題を立ち上げました。本課題は農研機構傘下の中央農業総合研究センター、動物衛生研究所、畜産草地研究所、北海道農業研究センターの4研究所の鳥獣害、家畜衛生、畜舎環境、畜産施設の専門家が結集し、1)農場段階でのバイオセキュリティ強化技術の開発、2)衛生管理による微生物の低減化技術の開発、3)異常畜早期発見システムの開発を目指すものです。課題遂行に当たっては民間企業が持つノウハウや資材等の活用を含め、産学官連携に基づくネットワークを構築し、多面的に研究を進める必要があると考えています。そこで、このネットワーク構築の一環として、「農場の衛生管理システム構築に寄与する常在微生物用消毒用資材」と題した公開マッチングフォーラム開催し、民間企業の持つ資材や技術をご紹介頂き、関連する研究・業務にあたる研究者等との今後の連携の可能性について協議したいと考えております。

皆様のご参加をお待ち申しております。

開催日時

平成23年11月24日(木曜日) 14時00分~17時00分

開催場所

動物衛生研究所(茨城県つくば市観音台3-1-5) 大会議室
*交通案内/会場案内(建物5の2F)

参加費

無料

申込方法

事前申込不要

講演内容

  • 14時00分~14時10分 主催者挨拶
    農研機構大課題責任者・動物衛生研究所所長 濱岡隆文
  • 14時10分~14時30分 「農場の微生物汚染低減を目指した日本型家畜飼養管理システムの開発」
    動物衛生研究所上席研究員・農場衛生管理システム課題責任者 犬丸茂樹
  • 14時30分~14時50分 「光触媒を活用した空中に浮遊するウイルス対策」
    ユービックス株式会社 森戸佑幸
  • 14時50分~15時20分 「光触媒抗菌砂を用いた環境消毒」
    有限会社西機資材 小川敏雄
  • 15時20分~15時30分 休憩
  • 15時30分~15時50分 「弱酸性水を用いた畜舎等の消毒」
    株式会社OSGコーポレション 竹内正浩
  • 15時50分~16時10分 「微酸性次亜塩素酸水を用いた畜舎等の消毒」
    株式会社微酸性電解水研究所 土井 豊
  • 16時10分~16時30分 「消石灰入り機能性塗布材を用いた畜舎施設等の消毒」
    株式会社福元技研 福元 茂
  • 16時30分~17時00分 質疑
  • 18時00分~19時30分 情報交換会
法人番号 7050005005207