イベント・セミナー詳細

専門家

平成23年度農研機構研究セミナー 「イモゾウムシ・アリモドキゾウムシの根絶事業の現状と研究戦略」

情報公開日:2011年11月16日 (水曜日)

1.開催趣旨

特殊病害虫に指定されているイモゾウムシ・アリモドキゾウムシは、サツマイモの重要害虫であり、南西諸島のミバエ類の根絶成功の後は、これらの害虫が次の根絶目標とされている。しかし、新熱帯区が起源とされるイモゾウムシに関する情報量が国際的にも特に不足しており、本害虫の根絶に向けた国際的な研究戦略の構築が求められている。

本研究セミナーでは、日本国内はもとより、国際的な第一線の研究者を招聘するとともに情報交換を行い、両種の根絶に向けた研究戦略を検討する。

2.開催日時

平成23年11月30日(水曜日) 8時30分 ~ 12月 1日(木曜日) 17時00分

3.開催場所

沖縄県農業研究センター (〒901-0336 沖縄県糸満市真壁820)

4.参集範囲

根絶防除に関連する研究を実施している農業関係独立行政法人、大学、都道府県の試験研究機関、植物防疫所等、その他主催者が必要と認める者

5.日程 (注:11月8日に時間設定等一部修正)

詳細は別添の「プログラム」参照

11月30日(水曜日) 第1日目(講演会)

8時30分~9時00分    受付
開会の部
(司会:農研機構九州沖縄農業研究センター 松村 正哉)

  • 9時00分~9時05分    開会挨拶
    農研機構九州沖縄農業研究センター 企画管理部長    土肥 宏志
  • 9時05分~9時10分    開会挨拶
    沖縄県農業研究センター 名護支所長    安田 慶次
  • 9時10分~9時15分    本研究会の意義
    農研機構中央農業総合研究センター 情報利用研究領域長    渡邊 朋也

 基調講演-米国におけるアリモドキゾウムシ・イモゾウムシの管理技術
(座長:農研機構中央農業総合研究センター 渡邊 朋也)

  • 9時15分~10時30分    アメリカにおけるイモゾウムシ・アリモドキゾウムシ根絶のための研究戦略
     (The management of the sweetpotato weevils in the USA and possible future studies for the eradication programs of the pests)
    グァム大学西太平洋熱帯研究所    Gadi V. P. Reddy
  • 10時30分~10時55分    休憩(写真撮影)

セッション1-アリモドキゾウムシ・イモゾウムシの管理と根絶事業
(座長:沖縄県病害虫防除技術センター 久場 洋之)

  • 10時55分~11時25分    アリモドキゾウムシ・イモゾウムシ分布拡大・蔓延阻止のための植物検疫
    横浜植物防疫所    佐藤 雅
  • 11時25分~12時15分    タイにおけるアリモドキゾウムシの被害実態と管理法
     (Damage of sweetpotatoes by the sweetpotato weevil and the management of the pests in Thailand)
    タイ農業省    Uraporn Nounart
  • 12時15分~13時15分    昼食時間

セッション2-アリモドキゾウムシ・イモゾウムシ根絶事業の実践
(座長:沖縄県農業研究センター 小濱 継雄)

  • 13時15分~13時45分    鹿児島県指宿市におけるイモゾウムシ・アリモドキゾウムシの緊急防除事業
    鹿児島県病害虫防除所    西岡 一也
  • 13時45分~14時15分    鹿児島県喜界島におけるアリモドキゾウムシ根絶事業
    鹿児島県農業開発総合センター大島支場    宮路 克彦
  • 14時15分~14時45分    沖縄県久米島におけるアリモドキゾウムシ根絶事業
    沖縄県病害虫防除技術センター    松山 隆志
  • 14時45分~15時15分    沖縄県津堅島におけるアリモドキゾウムシ・イモゾウムシの根絶事業
    沖縄県病害虫防除技術センター    金城 邦夫
  • 15時15分~15時30分    休憩

セッション3-イモゾウムシ根絶のための緊急開発技術
(座長:横浜植物防疫所 佐藤 雅)

  • 15時30分~15時50分    LED利用によるトラップのイモゾウムシ捕獲効率
    岡山大学大学院環境学研究科    宮竹 貴久
  • 15時50分~16時20分    アリモドキゾウムシ根絶事業から学ぶ、イモゾウムシ根絶事業への提言
    農研機構中央農業総合研究センター    守屋 成一
  • 16時20分~16時50分    沖縄県久米島におけるイモゾウムシ寄主植物の分布と寄主範囲
    沖縄県農業研究センター    原口 大
  • 16時50分~17時25分    イモゾウムシの根絶確認モデル
    (株)ペコIPMパイロット    浦野 知
  • 17時25分~17時30分    事務局からの連絡
  • 18時30分~20時30分    懇親会:サザンプラザ海邦

12月 1日(木曜日) 第2日目(講演会及び現地見学会)

セッション4-アリモドキゾウムシ・イモゾウムシ研究最前線
(座長:沖縄県農業研究センター 新垣 則雄)

  • 9時00分~9時25分    大量増殖過程における害虫の虫質管理の問題
    農研機構九州沖縄農業研究センター    栗和田 隆
  • 9時25分~9時50分    アリモドキゾウムシの色彩多型を用いたマーキング法
    琉球産経株式会社    城本 啓子
  • 9時50分~10時20分    イモゾウムシ寄生蜂の生活史とイモゾウムシ個体群に及ぼす影響
    琉球大学農学部    立田 晴記・相良 祐三
  • 10時20分~10時45分    イモゾウムシのオス交尾能力を高めるための不妊化技術
    琉球産経株式会社    熊野 了州
  • 10時45分~11時00分    休憩

セッション5-サツマイモ化学特性の管理技術への応用
(座長:農研機構九州沖縄研究センター 大塚 彰)

  • 11時00分~12時00分    アフリカのアリモドキゾウムシの品種抵抗性と性フェロモン
    (Host plant resistance and sex pheromones for African species of sweet potato weevil)
    グリニッジ大学天然資源研究所    David R. Hall
  • 12時00分~12時30分    アリモドキゾウムシ・イモゾウムシへのサツマイモの品種抵抗性
    農研機構九州沖縄農業研究センター    岡田 吉弘
  • 12時30分~13時30分    昼食時間
  • 13時30分~14時00分    総合討論
    (座長:農研機構中央農業総合研究センター 守屋 成一)
            討議内容
             1.これまでの根絶事業における問題の検討
             2.根絶の効率化を図る要因
             3.今後の根絶事業への取り組み

 閉会の部
(司会:農研機構九州沖縄農業研究センター 松村 正哉)

  • 14時00分~14時05分    閉会挨拶
    沖縄県病害虫防除技術センター 所長    西村 真
  • 沖縄県病害虫防除技術センター視察(限定20名)
        (案内:沖縄県農業研究センター 原口 大)
        14時15分~17時00分    沖縄県病害虫防除技術センター
        17時00分    同センターからゆいレール旭橋駅経由で那覇空港

6.参加費

無料 (ただし、2日分の茶菓代として500円の協力をお願いします。)。

7.定 員

研究会 70名、現地視察20名程度 ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。

8.参加申し込み

本研修会の出席の申込みは、下記「参加申込書」にて、E-mail または Fax でお申し込み下さい。
申込みの締め切りは、 11月11日(金曜日) です。

申込書の送付先

Fax:098-840-3553 または E-mail:ichis@affrc.go.jp
農研機構九州沖縄農業研究センター 生産環境研究領域(糸満駐在) 市瀬克也 宛

9.その他

申し込み

定員に達して申し込み受付ができない場合は、その旨を事務局から連絡させていただきます。
なお、団体でのお申し込みの場合、連絡先は代表者の方のみで結構です。その他の欄は、各個人毎に記載して下さい。

宿泊

各自で早めにご予約願います。

交通手段

那覇市内と会場(沖縄県農業研究センター:糸満市)間は送迎バスを用意します。

  • 1日目(11月30日)
    7時45分 ホテル・グランビュー沖縄発 (ゆいレール:赤嶺駅前)
    17時45分 沖縄県農業研究センター発 (ゆいレール:旭橋駅行き)
  • 2日目(12月1日)
    7時45分 ホテル・グランビュー沖縄発
    2日目のセミナー終了後は、現地視察者のみの送迎となります。

昼食

弁当の一括注文を行います(一食300~500円)。ご希望の方は、11月18日(金曜日)までにご連絡ください。

情報交換会

第1日目終了後18時30分から那覇市内で開催します。
場所:サザンプラザ海邦(会費4500円、那覇市ゆいレール旭橋駅前)
会費はシンポジウム受付時に会場にて申し受けます。
なお、情報交換会のキャンセルは11月18日(金曜日)までにお願い致します。

沖縄県病害虫防除技術センター視察

2日目(12月1日)セミナー終了後、本施設の視察を予定しています(最大20名まで)。

見学後は、バスがゆいレール旭橋駅経由で那覇空港まで参ります(那覇空港18時00分着:予定)。

個人情報の取り扱い

申し込みによりお預かりする個人情報につきましては、本シンポジウム運営に関すること以外の目的には使用いたしません。

法人番号 7050005005207