イベント・セミナー詳細

専門家

中央農研オープンラボ活用促進セミナー 「土壌の窒素肥沃度評価」 開催要領

情報公開日:2012年2月 1日 (水曜日)

1.目的

近年、環境保全型農業や有機農業の促進に向けて、土壌の窒素肥沃度評価の重要性は、より大きくなってきている。そして、土壌窒素肥沃度のより精確な評価法を開発するためには、その窒素肥沃度の給源となる土壌の有機態窒素の実体や動態の解明が必要である。

そこで本セミナーでは、「土壌の窒素肥沃度評価」に係る講演とともに、昨年度導入された化学発光窒素検出器付き高速液体クロマトグラフなど、萌芽研究推進共同実験棟に設置されている各種分析装置の紹介とデモを行う。

2.開催日時及び場所

日時

平成24年3月14日(水曜日)13時~17時

場所

中央農研・萌芽研究推進共同実験棟

3.参集範囲

関東東海北陸地域公設試、独法、大学などの研究者、オープンラボ利用者又は利用予定の研究者等
(デモの都合上、参加者数が制限される場合があります。)

4.内容

  • 講演
    • 「農耕地土壌の窒素肥沃度の評価と管理」
      京都府立大学 矢内純太
    • 「土壌の有機態窒素分析法」
      中央農業総合研究センター 松永俊朗
  • 分析装置の紹介とデモ
    化学発光窒素検出器付き高速液体クロマトグラフ、ICP質量分析装置など
  • オープンラボ施設の利用方法の案内

5.参加申し込み

  • 参加を希望される方は、3月6日(火曜日)までにお申し込み下さい。
  • 申込書:申込書様式をご利用ください。
    メールでの申し込みの場合は、本文に所属、役職、氏名をご連絡いただければ結構です。
  • 申込先:独立行政法人 農研機構 中央農業総合研究センター企画管理部 山本、吉村 Tel:029-838-8509、7158
    (Fax、メールの送り先は申込書に明記されています)
法人番号 7050005005207