イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

平成24年度ソバセミナー開催のご案内

情報公開日:2012年6月20日 (水曜日)

開催趣旨

北海道は国産ソバの1/3強を生産する大産地であり、産地においてソバは基幹作物に準ずる重要な地位を占めている。現在、北海道では「キタワセソバ」がソバ栽培面積の95%を占め、更に生産性の高い新品種が求められていたことから、平成23年度に北海道農業研究センター育成の新品種「レラノカオリ」が北海道の優良品種に認定され、今年から一般栽培が始まることとなった。そこで、今回のセミナーでは新品種「レラノカオリ」をとりあげ、「レラノカオリ」の圃場見学を実施すると共に、講演会で「レラノカオリ」に関する特性の紹介、ソバ産地での取り組み、実需者の評価等について発表し、新品種の生産と利用について最新の情報を提供する。また、ソバに対する農林水産省の最近の振興政策についても情報提供し、このセミナーを通して北海道におけるソバの生産・利用面における新たな展開を検討するために開催する。

開催日時

平成24年7月19日(木曜日)

開催場所

新得町公民館 ふれあいホール
(〒081-0014 北海道川上郡新得町4条南4丁目 Tel 0156-64-5874)

内容

第1部 現地見学 新得駅 10時15分集合

  • 「レラノカオリ」圃場見学
  • 製麺工場見学(新得物産株式会社)

    見学は無料バスのみで自家用車は御遠慮下さい。・・・(昼食 新得そばの館)

第2部 講演会 開式13時30分

  • 主催者挨拶
  • そばの生産を巡る状況について
  • 新品種「レラノカオリ」の育成と特性
  • 新得町におけるソバ生産から加工までの取り組みならびに「レラノカオリ」への期待
  • 協定研究における「レラノカオリ」の品質評価と今後の展望
  • 意見交換

詳細はこちら→開催要領(pdf)

参集範囲

生産者および生産団体、民間企業、行政機関、試験研究機関、教育機関、ソバに関心を持つ人々

参加費

無料

懇親会

17時45分~19時45分 湯宿くったり温泉 レイク・イン 会費4千円
(Tel 0155-65-2141)

主催・講演

主催:NPO法人グリーンテクノバンク、農研機構北海道農業研究センター、農林水産省、帯広市食産業振興協議会

後援:帯広市、新得町

参加申し込み

締め切り:7月5日(木曜日)

参加申込書、または主催者のホームページ(http://www.gtbh.jp/)の様式を用いて下記まで。

申し込み先

北海道農業研究センター畑作研究領域(資源作物育種班)森下敏和

Tel 0155-62-9273 Fax 0155-61-2127
E-Mail tosikazu@(@の後にaffrc.go.jp を付け足してください)

お問い合わせ先

グリーンテクノバンク事務局 折登一隆

Tel、Fax 011-210-4477
E-Mail gtbh@(@の後ろに almond.ocn.ne.jp を付け足してください)

法人番号 7050005005207