イベント・セミナー詳細

中央農業研究センター

一般 生産者 青少年

中央農研市民講座「お米のおいしさを測る」

情報公開日:2012年6月25日 (月曜日)

講演者

鈴木啓太郎 (作物研究所 稲研究領域 主任研究員)

日時

2012年8月11日(土曜日)9時30分~10時30分

講演内容

私たちが普段食べているお米のおいしさ(食味)はどのように評価するのでしょうか。これには炊いたご飯(炊飯米)を人が実際に食べ、視覚、触覚、嗅覚、味覚をフル動員して評価する方法(食味官能試験)と機械で米の成分やご飯の硬さ・粘り具合等を測定して評価する方法(理化学試験)があります。食味官能試験は、米のおいしさを判断する基準となりますが、その一方で時間と労力を必要とするため、常に実施できるわけではありません。講演では、米について実施されている理化学試験の紹介と理化学試験から食味官能試験の結果を推定する取り組みをご紹介いたします。

お米のおいしさを測る

定員

約70名(事前の申し込み不要)

参加費

無料

場所

食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)
つくば市観音台3-1-1

問い合わせ先

情報広報課 Tel 090-2460-0423

法人番号 7050005005207