イベント・セミナー詳細

専門家 生産者

農研機構水田農業フォーラム「東北・北海道地域における低コスト稲作を考える」

情報公開日:2012年7月13日 (金曜日)

- 北国の大規模水田農業を支える水稲乾田直播 -

趣旨

国内農業の体質強化、食料生産力の向上が強く求められている一方で、生産者の高齢化等により、持続的な食料生産力の低下が懸念されています。このような状況の中、水田農業では、地域の担い手を育成し、その担い手への農地の集積、圃場の大区画化を進め、生産コストの低減と持続可能な農業の推進が喫緊の課題となっています。

そこで、東北、北海道地域に展開する大規模水田農業を中心に、プラウ耕乾田直播等の低コスト稲作技術の普及促進を図るため、技術的な視点から今後の研究方向を検討します。さらに、これらの乾田直播を取り入れて大規模水田農業を実践している先進経営者からの報告を受け、東北・北海道地域の今後の大規模経営に求められる低コスト稲作の課題について議論します。

主催等

主催

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

後援

農林水産省東北農政局、青森県、日本作物学会北海道支部、同東北支部、農業機械学会東北支部、日本農作業学会北海道支部、同東北支部

協力

東北土を考える会、北海道土を考える会

日時

平成24年8月28日(火曜日)13時00分~17時15分

場所

青森市男女共同参画プラザ「カダール」AV多機能ホール
〒030-0801 青森市新町1-3-7 Tel.017-776-8800
JR奥羽本線青森駅前 「アウガ」5階( アクセスマップ )

プログラム

1.基調講演

  • グローバル化時代の大規模水田農業を考える -『悲願の挑戦』の行方-
    秋田県立大学生物資源科学部 佐藤 了

2.話題提供「大規模水田農業を支える水稲乾田直播の新技術」

  • 高能率・安定多収を実現するプラウ耕水稲乾田直播体系
    (独)農研機構 東北農業研究センター 大谷隆二
  • 北海道岩見沢地域における水稲乾田直播を活かした水田農業の現状と課題
    北海道空知農業改良普及センター 齋藤義崇
  • 中堅農家の経営規模拡大をアシストする水稲V溝乾田直播
    (地独)青森県産業技術センター農林総合研究所 野沢智裕

3.ポスターセッション「東北、北海道地域における乾田直播の新技術」


4.話題提供「乾田直播を取り入れた先進経営」

  • 青森県津軽地域における乾田直播を導入した大規模水田農業
    ファーム若松 中谷 保
  • 北海道岩見沢地域における乾田直播を導入した麦・大豆との輪作体系
    (有)新田農場 新田慎太郎

5.総合討論

参集範囲

大学、行政・普及指導機関、公立研究機関、企業・民間団体、生産者 等

参加費

無料

参加申込み等

  • 申込締切:平成24年 8月21日(火曜日)
  • 定員300名(先着申込み順)。
  • フォーラムは、翌日8月29日(水曜日)に開催される、土を考える会主催の「雪国直播サミット」との連動開催となっております。「雪国直播サミット」の詳細については、土を考える会のウェブサイトhttp://www.sugano-net.co.jp/atts/notice/4th_yukiguni_public.pdfをご覧ください。
  • フォーラムのみ参加の場合も含め、参加を希望される方は、別紙の「農研機構水田農業フォーラムおよび土を考える会『雪国直播サミット』参加申込み書」に必要事項を記入のうえ、下記の開催事務局までEメールもしくはファックスでお送りください。
法人番号 7050005005207