イベント・セミナー詳細

専門家 生産者

平成24年度 東北農業試験研究推進会議 畑作物推進部会 東北ソバ研究会(東北ソバフォーラム)のご案内

情報公開日:2012年8月21日 (火曜日)

受け付けは終了しました。

趣旨

ソバは戸別所得補償制度の下、戦略作物として位置づけられ、食料自給率向上の重点作目の一つであり、平成32年度には59,000tの国内生産を目指しています。東北地方は主産地北海道の19,300haに次ぐ14,900haの作付けがある国内有数の産地です。しかし、平成23年3月11日の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故により、東北地方のソバ生産は少なからず影響を受け、「会津のソバ」で国内の知名度が高い福島県では風評被害により打撃を受けています。このような不安定な状況下で、東北地方、特に福島県における今後のソバ生産の強化を図るために、福島県のソバ生産地を見学し、国産ソバをめぐる状況、福島県産ソバへの期待、地域のソバ振興策、作物の放射線研究の現状と対策、福島県における品質研究・生産向上等について検討します。

主催

農研機構 東北農業研究センター
農林水産省東北農政局

開催日時

平成24年9月13日(木曜日) 13時00分~17時00分

開催場所

圃場見学会:

会津坂下町「会津のかおり」栽培圃場

研究会:

福島県会津坂下町 中央・坂下公民館 大研修室
〒969-6553 福島県河沼郡会津坂下町字五反田1310-3

内容

受付(中央・坂下公民館)

12時30分~13時00分

圃場見学会

13時00分~14時00分

研究会

14時10分~17時00分

  • 挨拶
  • 23年東北産ソバの情勢報告
    東北農政局・生産部園芸特産課課長補佐 今川成毅
  • 作物におけるセシウム吸収生理とその対策
    農研機構東北農業研究センター
    環境保全型農業研究領域上席研究員 小林浩幸
  • 福島県産ソバ振興施策の取り組み(案)
    福島県農林水産部水田畑作課主査 滝澤和志
  • 福島県産ソバに期待する
    全国蕎麦製粉協同組合・相談役 阿部晃造
  • 福島県のソバ品質研究
    福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター
    醸造食品科主任研究員 小野和広
  • 福島県「会津のかおり」の生産性向上
    福島県農業総合センター
    会津地域研究所主任研究員 真部 武
  • 総合討論

参集範囲

独法試験研究機関及び公設試験研究機関の関係者、東北農政局担当官、県普及指導員ほか生産者、実需者等各推進部会運営責任者が必要と認める者

参加申込み

添付の参加申込書に記入のうえ、FAXにて事務局にお申込みください。
申込み締切:9月6日(木曜日)

法人番号 7050005005207