イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

平成24年度関東地域マッチングフォーラム「新技術の活用による新たな地域農業ビジネスの展開」

情報公開日:2012年10月 5日 (金曜日)

マッチングフォーラムポスター

1 趣旨

  農業現場のニーズを踏まえた農業研究の推進と、研究成果の農業現場等への迅速な普及・実用化を促進することにより地域農業の振興を図るため、研究成果を実際に活用する方々と研究者が双方向の意見・情報交換を行う関東地域マッチングフォーラムを開催いたします。
  昨今、農政の主要施策の一つとして、農林漁業生産と加工・販売の一体化や、地域資源を活用した新たな産業の創出を促進するなど、農山漁村の6次産業化が推進されています。さらに、先般、策定された日本再生戦略において重点施策と位置付けられ、関東地域においても大いなる展開が期待されているところです。
  そこで、今年度のマッチングフォーラムにおいては、6次産業化の推進に資することを目的とし、「新技術の活用による新たな地域農業ビジネスの展開」をテーマとして、農研機構や開催地である関東地域各県の最新の研究成果を紹介するとともに、相談スペースを設けて個別の打合せを行うなど、それぞれの研究成果の普及や実用化に向けて効果的なマッチングを行うことといたします。

2 開催日時

2012年11月20日(火曜日) 13時45分~17時30分(開場 13時00分)

3 開催場所

関内新井ホール (JR関内駅、市営地下鉄関内駅より徒歩5分)
神奈川県横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル11階 電話番号 045-681-6763

4 テーマ

「新技術の活用による新たな地域農業ビジネスの展開」

5 参集範囲

市町村、JAの農政・地域振興等担当者、都県の行政・普及・研究担当者、6次産業化プランナー等のコーディネーター 等

6 主催

  • 農林水産省農林水産技術会議事務局
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センター

7 後援

  • JA全農(全国農業協同組合連合会)

8 参加申し込み (参加費無料)

ご参加いただける方は会場・資料の準備の都合等もありますので、出来る限り事前登録を、オンライン参加申込ページからお願いします。参加の事前登録をいただければ、当日受付が簡略になります。(事前参加登録は11月12日(月曜日)締切)

オンライン参加申込ページはこちら(終了しました。)

9 開催内容

1 開 会 13時45分

2 挨 拶 13時45分から14時00分

  • 農林水産省農林水産技術会議事務局
  • 農研機構中央農業総合研究センター

3 研究成果発表 14時00分から16時15分

(座長: 中央農研 石黒企画管理部長)

  • 6次産業化をすすめるために
     中央農研 農業経営研究領域 上席研究員 河野恵伸
  • β-グルカンを高含有する大麦新品種「ビューファイバー」
     作物研究所 麦研究領域上席研究員 柳澤貴司
     (株)大麦工房ロア 専務取締役 上武 裕
  • 茨城県で育成したベニバナインゲン品種「常陸大黒」の生産安定、加工・流通への普及の取組」
     茨城県農業総合センター山間地帯特産指導所 副所長 石井 貴
     茨城県農産加工指導センター 水府分室長 池羽 智子
  • カンキツ品種「湘南ゴールド」の育成と6次産業化事例
     神奈川県農業技術センター 足柄地区事務所研究課 主任研究員 川嶋 幸喜
     神奈川県農業技術センター 足柄地区事務所普及指導課 副技幹 池田 豊
  • 医療・福祉でのフラワーアレンジメント利用
     花き研究所 花き研究領域 主任研究員 望月寛子
  • 高齢化地域での地元農産物の集荷・加工・販売・配達を支援する情報システム
     中央農研 農業経営研究領域 主任研究員 大浦裕二
     JA茨城ひたち 営農部次長 小室良成

4 パネルディスカッション 16時15分から16時45分

(司会: 中央農研 梅本農業経営研究領域長)

5 技術相談(ポスター・実物展示) 16時45分から17時30分

研究成果発表に関する展示のほか、

  • 「小型新品種フジ小軍鶏」(静岡県)
  • 「神奈川県における6次産業化の取り組み」(神奈川県)
  • 「関東農政局における6次産業化の取組」 等

6 閉 会 17時30分

法人番号 7050005005207