イベント・セミナー詳細

食品総合研究所

専門家

農研機構国際シンポジウム「農産物・食品の健康機能性の予防医学への展開」

情報公開日:2012年10月16日 (火曜日)

NARO International Symposium
Deployment to the preventive medicine of the functionality of agricultural products and foods

 

開催趣旨

農研機構では、農産物・食品の生活習慣病や加齢に伴う疾患などの予防あるいは症状軽減のメカニズム解明や、ヒトでの有効性に関する科学的知見の解明、更に信頼性の高い分析方法を開発して、機能性成分等の含有量の高い農産物を国内外に提供することを目標としています。本シンポジウムでは、我が国、アジア、米国における先端的な研究者の方々に、農産物・食品の健康機能性を利用した予防医学への貢献に関してご講演頂きます。また農研機構における最新の機能性研究を紹介させて頂きます。

主催

農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所

協賛

フード・フォラム・つくば

開催日時

2012年11月14日(水曜日) 9時30分~17時20分

開催場所

東京ステーションコンファレンス 503A,B,C,D
(東京都千代田区丸の内一丁目7番12号 サピアタワー)

参加費

無料

講演言語

英語

参加申込

参加申込はこちらから

 

Program(プログラム)

(Opening Remarks)
9:30-9:35 Tadakatsu Yoneyama, PhD 
Vice-president, National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
米山忠克(農研機構 副理事長)
 
(Key note lecture)
9:35-10:15 Toshikazu Yoshikawa, MD, PhD
President, Kyoto Prefectural University of Medicine
“An agromedical food innovation for the prevention of life style-related diseases”
吉川敏一(京都府立医科大学 学長)
生活習慣病予防のためのアグロメディカル・フーズ・イノベーション
 
(Invited lectures)
10:15-11:15 Chin-kun Wang, MD, PhD
Distinguished professor, Chung Shan Medical University,
President of Nutrition Society of Taiwan
“Junction, challenge and future for the health and preventive medicine of the functionality of agricultural and foods”
Chin-kun Wang(中山医学大学主幹教授、台湾栄養学会会長)
農産物・食品機能性の健康と予防医学との接点、挑戦そして未来
 

11:15-12:00 Sakae Shibusawa, PhD
Professor, Tokyo University of Agriculture and Technology
“Agro-medical Foods in Precision Agriculture Scheme” 
澁澤栄(東京農工大教授)
精密農業構想におけるアグロメディカル・フーズ

12:00-13:00 Lunch

13:00-14:00 Inwook Choi, PhD
Head of International Cooperation, Korean Food Research Institute
“Suggestion on enhancing functional properties of natural ingredients”
Inwook Choi(韓国食品研究所、国際協力部長)
天然成分の機能性強化への提案

14:00-15:00 Thomas T. Y. Wang, PhD
Lead Scientist, ARS/USDA, Beltsville Human Nutrition Research Center
“A devil’s advocate view of functional food and chronic disease prevention”
Thomas T. Y. Wang(米国農務省 ベルツビルヒト研究所、研究リーダー)
機能性食品と慢性疾患予防にあえて反論する

15:00-15:15 Break 

(Activities in NARO) 農研機構の研究成果

15:15-15:45 Kohji Yamaki, PhD
Program 310a0: Development of standardized methods for analysis of functional components and for evaluation of the functionalities of agricultural products and foods
八巻幸二
健康機能性に関する成分分析法及び評価法の開発と標準化

15:45-16:15 Masuko Kobori, PhD
Program 310b0: Elucidation and effective utilization of metabolic regulatory functions of foods
小堀真珠子
代謝調節作用に関する健康機能性解明と有効利用技術の開発

16:15-16:45 Mari Maeda-Yamamoto, PhD
Program 310c0: Elucidation and effective utilization of the functionalities of foods against homeostatic disturbances
山本(前田)万里
生体防御作用に関する健康機能性解明と有効利用技術の開発

16:45-17:15 Kaoru Kohyama, PhD
Program 310d0: Evaluation technologies for flavor, texture, and other sensory properties of foods
神山かおる
食味・食感特性の評価法及び品質情報表示技術の開発

(Closing Remarks)
17:15-17:20 Kiyoshi Hayashi, PhD
Director General, NARO Food Research Institute
林 清
農研機構食品総合研究所 所長