イベント・セミナー詳細

専門家

平成24年度「飼料イネの研究と普及に関する情報交換会」-飼料イネ、飼料用米の低コスト栽培と効率的な利用に向けて-

情報公開日:2012年11月12日 (月曜日)

今年度、アメリカでは半世紀に一度といわれる深刻な干ばつ被害によりトウモロコシや大豆が記録的な不作となる見込みとなり、これら穀物の国際価格がかつてない水準にまで高騰しています。輸入飼料への依存度が高い畜産経営では、このような穀物国際価格の影響を大きく受けるため、畜産物の安定供給のために飼料自給率の向上が必要です。

一方、わが国では、食用米の需要減少のため長年にわたって米の生産調整を続けていますが、近年の農業者戸別所得補償制度により稲発酵粗飼料や飼料用米の生産が経済的に支援され、これら飼料用イネを利用した飼料生産の取り組みが急速に拡大しつつあります。その結果、府県では、飼料用イネの作付面積は飼料用トウモロコシに次ぐものとなっていますが、生産コストの低減や効率的な利用が一層求められています。

そこで、本年度は、開始3年目となった農林水産省委託プロジェクト研究「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発(国産飼料プロ)」で得られた成果の紹介を中心として、飼料イネ、飼料用米の低コスト栽培技術と効率的な利用技術について、研究、普及、行政等に携わる関係者が一同に会する情報交換会を下記のとおり開催いたします。

1. 日時

平成24年12月3日(月曜日) 13時00分~17時00分
平成24年12月4日(火曜日) 9時00分~11時45分

2. 場所

発明会館 (東京都港区虎ノ門2-9-14)

3. 主催

(独)農研機構 畜産草地研究所
(社)全国農業改良普及支援協会

4. 内容

1日目

(1)受付開始: 12時00分

(2)行政機関と連携した飼料用米の取組

中山間地域における飼料用米による資源循環型農業の確立に向けて
株式会社フリーデン 経営企画室長 澤田一彦

(3)行政の取組

飼料用イネの生産利用を促進する行政施策の展開(仮題)
農林水産省 生産局 畜産部 畜産振興課 草地整備推進室

(4)技術紹介(給与技術)

粉砕籾米等飼料用米を活用した肥育豚の飼養管理技術の開発
福島県農業総合センター畜産研究所 肉畜科 研究員 京谷隆侍

飼料用米の養鶏飼料としての利用
千葉県畜産総合研究センター生産技術部 研究員 赤木友香

稲こうじ病罹病穂の給与による採卵鶏への影響
富山県東部家畜保健衛生所 防疫課 係長 蓮沼俊哉
富山県広域普及指導センター 副主幹 草別行夫

飼料用米の肉牛への給与技術
畜産草地研究所 主任研究員 樋口幹人

2日目

(1)受付開始: 8時30分

(2)技術紹介(栽培技術)

現地試験からみた飼料用米の低コスト生産に関わる技術的・経営的要因
中央農業総合研究センター 上席研究員 笹原和哉

寒冷地水田におけるWCS用イネの疎植栽培技術と飼料用稲麦二毛作体系
東北農業研究センター 主任研究員 関矢博幸

牛糞堆肥を用いたWCS用イネの多收技術と経済性
中央農業総合研究センター 研究員 草佳那子

(3)総合討議

5. 参集範囲

農林水産省、独立行政法人、都道府県、大学、団体等の関係者

6. 参加費

無料

7. 定員

250名

8. 事務局及び問い合わせ先

農研機構 畜産草地研究所 企画管理部 那須企画管理室 連絡調整チーム
Tel: 0287-37-7243 Fax: 0287-37-7132
E-mail: 連絡先E-mail

9. 参加申し込み

申込書にご記入の上、事務局に E-mail または Fax でお申し込みください。

申込締切

平成24年11月26日(月曜日)

申込書様式

下記よりダウンロードしてください。

個人情報の取り扱い

この申し込みによりお預かりする個人情報につきましては、本情報交換会運営に関すること以外の目的には使用いたしません。

法人番号 7050005005207