イベント・セミナー詳細

専門家

平成24年度「自給飼料活用型TMRセンターに関する情報交換会」

情報公開日:2012年11月12日 (月曜日)

わが国の畜産は、輸入飼料への依存度が高く、その経営は海外の穀物価格変動に大きく影響される状況にあります。特に今年度は、干ばつによる米国産穀物の生産量減などにより、10~12月期の国内配合飼料価格が各社平均でトン当たり4,800円近い値上がりを見せるなど厳しい状況にあります。その中で、自給粗飼料の栄養価・品質や収量を高め、濃厚飼料への依存度を低減する取り組みは、足腰の強い畜産を営んでいく上で重要な方策といえます。

ここ数年来、畜産経営の安定化を図る支援組織としてTMRセンターが全国で定着し、画期的な飼料供給体制として畜産農家からの期待を集めています。北海道において先駆的に開始された自給飼料活用型TMRセンターに対し、これまでの府県におけるTMRセンターは、輸入飼料購入型のメニューが多かったものの、昨今は、国産エコフィードや、トウモロコシサイレージなどの高栄養自給粗飼料を積極的に調達・利用するセンターが増えつつあります。

そこで、コントラクターとの連携や粗飼料の広域流通を通じ高栄養自給粗飼料の利用を進めているTMRセンターの最新情報を提供いただき、自給粗飼料の利用率向上をめざすとともに、全国のTMRセンター間の連携と、行政・研究・関連団体等を含めた支援体制の強化を図ることを目的に情報交換会を下記のとおり開催いたします。

1. 日時

平成24年12月4日(火曜日) 13時00分~17時00分
平成24年12月5日(水曜日) 9時00分~12時00分

2. 場所

発明会館 (東京都港区虎ノ門2-9-14)

3. 主催

(独)農研機構 畜産草地研究所
全国酪農業協同組合連合会

4. 内容

1日目

(1)受付開始: 12時00分

(2)基調講演

トウモロコシサイレージ等の収穫・調製・利用技術
農研機構 北海道農業研究センター 上席研究員 大下友子

(3)行政施策の紹介

飼料自給率向上への取組とTMRセンターの位置づけ
農林水産省 生産局 畜産部 畜産振興課 草地整備推進室 室長 小倉弘明

(4)事例紹介

道北においてトウモロコシサイレージ主体TMRを調製する意義と取り組み
有限会社ドリームアグリ 副代表取締役 奈良岡靖男

トウモロコシサイレージとエコフィードを活用したTMRセンター
浜名酪農業協同組合 組合長 伊藤光男

トウモロコシサイレージで生き残るためには (有)TMRうべつの事例
全国酪農業協同組合連合会 酪農生産指導室 研究員 田中眞二郎

トウモロコシサイレージの国内流通の現状と課題
農研機構 北海道農業研究センター 主任研究員 青木康浩

2日目

(1)受付開始: 8時30分

(2)技術紹介

東北地域におけるフェストロリウム品種「東北1号」の最適刈取り体系
農研機構 東北農業研究センター 主任研究員 嶝野英子

高速作業が可能なトウモロコシ不耕起播種機の開発
農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター 主任研究員 橘保宏

大きさの異なるロールベールに対応するベールグラブの開発
徳島県立農林水産総合技術支援センター 上席研究員 武内徹郎

稲わらの乾燥を促進する「乾っとシート」の開発
三菱化学株式会社 コーポレートマーケティング部 担当部長 助清泰教

(3)パネルディスカッション

トウモロコシサイレージ等の高栄養自給粗飼料を活用したTMRセンターの展望と課題
パネラー 発表者

5. 参集範囲

農林水産省、独立行政法人、都道府県、大学、団体、民間等の関係者

6. 参加費

無料

7. 定員

250名

8. 事務局及び問い合わせ先

農研機構 畜産草地研究所 企画管理部 那須企画管理室 連絡調整チーム
Tel: 0287-37-7243 Fax: 0287-37-7132
E-mail: 連絡先E-mail

9. 参加申し込み

申込書にご記入の上、事務局に E-mail または Fax でお申し込みください。

申込締切

平成24年11月26日(月曜日)

申込書様式

下記よりダウンロードしてください。

個人情報の取り扱い

この申し込みによりお預かりする個人情報につきましては、本情報交換会運営に関すること以外の目的には使用いたしません。

法人番号 7050005005207