イベント・セミナー詳細

専門家 生産者

農研機構セミナー2012 「6次産業化に不可欠な流通加工研究の推進に向けて」

情報公開日:2012年11月16日 (金曜日)

開催趣旨

6次産業化の推進に向けて、農業生産法人などの実需者が求めている高付加価値化のニーズ(特にポストハーベストでの流通加工分野)を明確にすることで、流通加工分野の研究の位置づけや方向性を課題担当者が認識することと、それぞれの研究シーズの活用方法についての助言を得ることを目的として、6次産業化に関連した行政担当者、専門家からの話題提供と研究者とのデスカッションを行う。

主催

農研機構 食品総合研究所

協力機関

農研機構 果樹研究所・中央農業総合研究センター、(社)食品需給研究センター

開催日時

平成24年12月21日(金) 10:30-16:30

開催場所

農林水産技術会議事務局筑波事務所 本館3階展示会議室
茨城県つくば市観音台2-1-9
アクセス・地図

参集範囲

農業団体、民間、大学、都道府県の農産物の流通・加工関係の技術者、農林水産省関係部局、独立行政法人等

参加費

無料

定員

150名(定員になり次第〆切とさせて頂きます。)

参加申し込み

12 月 17日(月)までにお申し込み下さい。
<終了しました>

プログラム

10:00 開 場
10:30 開会挨拶 食品総合研究所所長
10:40~11:20 話題提供1 加工流通プロセスの大課題プログラムの概要と6次産業化を支える技術開発の必要性
五十部誠一郎
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品工学研究領域長
11:20~12:00 話題提供2 6次産業化関連事業での取組 - 技術開発支援を中心に -
吉田 弘美
農林水産省 食料産業局 新事業創出課課長補佐

山崎 麻保呂
農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課課長補佐
12:00~13:10 昼食
13:10~13:50 基調講演1 6次産業化に取り組む各地の事例
青山 浩子
農業ジャーナリスト
13:50~14:30 基調講演2 6次産業化に向けての課題と必要な技術シーズ
加藤寛昭
食と農研究所代表
14:30~15:10 話題提供3 北海道の農水産物の高付加価値化のための技術開発による産業支援
  - 6次産業化を通じた北海道産鮭節の新定番食材への取り組み -
阿部 茂
(地独)北海道立総合研究機構 食品加工研究センター プロセス開発主査
15:10~15:30 休憩
15:30~16:10 話題提供4 被災地域の農業・食品産業が求めている技術 - 復興と新産業創出に向けて -
宮原 育子
宮城大学 事業構想学部教授
16:10~16:30 総合討論
16:30 閉会挨拶 食品総合研究所所長

 

法人番号 7050005005207