イベント・セミナー詳細

専門家

農場衛生管理システム・第4回マッチングフォーラム「畜舎への鳥獣侵入防止と衛生対策」

情報公開日:2013年5月13日 (月曜日)

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)では、畜産物の農場段階での安全性確保や損耗防止による生産性向上を目指すため、平成23年より「農場の微生物汚染低減を目指した日本型家畜飼養管理システムの開発(農場衛生管理システム)」という研究課題を立ち上げました。課題遂行に当たっては民間企業が持つノウハウや技術等の活用を含め、産学官連携に基づくネットワークを構築し、多面的に研究を進める必要があると考え民間企業等との公開マッチングフォーラムを設定し、今後の連携の可能性について協議しています。

国内で発生した口蹄疫や鳥インフルエンザの経験から平成23年10月に家畜の飼養衛生管理基準が改訂され、畜舎への鳥獣の侵入防止が強化されています。今回の第4回目のフォーラムではこれを踏まえ、畜産現場での鳥獣の侵入防止対策の現状と、より有効な防止策についての取り組みについて議論して行きたいと考えています。

参加を希望される方は6月5日までに、事前登録をオンライン参加申込ページからお願いします。

*受付は終了しました。

開催日時

2013年6月14日(金曜日)13時00分~17時00分

開催場所

つくばサイエンス・インフォメーションセンター大会議室
(茨城県つくば市吾妻1-10-1、TXつくば駅から徒歩3分)
交通案内等はhttp://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/2117/007622.htmlをご覧下さい。

プログラム

  • 13時00分~13時05分 主催者挨拶
    (独)農研機構大課題推進責任者・動物衛生研究所所長 津田知幸
  • 13時05分~13時20分 「農業における鳥獣被害対策の現状と課題」
    農林水産省生産局農業環境対策課 角張 徹
  • 13時20分~13時35分 「野生鳥獣等が媒介する家畜疾病とその対応」
    農林水産省消費安全局動物衛生課 星野和久
  • 13時35分~14時05分 「鶏舎に出入りする野生動物」
    (一財)自然環境研究センター 米田久美子
  • 14時05分~14時35分 「鳥インフルエンザの侵入リスクマップと絶滅危惧鳥類に対する感染リスク評価」
    (独)国立環境研究所 森口紗千子
  • 14時35分~15時05分 「感染実験における野鳥等の鳥インフルエンザウイルス感染性と農場への伝達リスク」
    (独)農研機構 動物衛生研究所 山本 佑
  • 15時05分~15時20分 休憩
  • 15時20分~15時50分 「鳥獣の畜舎侵入防止対策の現状と問題点」
    (独)農研機構 中央農業総合研究センター 百瀬 浩
  • 15時50分~16時20分 「畜舎への鳥獣侵入防止対策」
    (株)防除研究所 豊喜信介
  • 16時20分~17時00分 総合討論

(演題名、講演者に多少の変更がある可能性が有ります。悪しからずご了承ください)

その他

フォーラム終了後、情報交換会を行います。
会場:オークラフロンティアホテルつくば バー「コンチネンタル」(TXつくば駅そば)
会費:5千円(予定)

情報交換会への参加を希望される方は、6月5日までに事前登録をオンライン参加申込ページからお願いします。

*受付は終了しました。

お問い合わせ先

詳細についてのお問い合わせは下記までご連絡下さい。

動物衛生研究所病態研究領域・農場衛生管理システム課題責任者
勝田 賢
E-mail:farm-biosecurity-mg@ml.affrc.go.jp

法人番号 7050005005207