イベント・セミナー詳細

専門家

農研機構研究会 -農業害虫防除に天敵利用技術を普及させるための戦略検討会-

情報公開日:2013年8月23日 (金曜日)

1. 目的

農業害虫に対する天敵利用技術は化学農薬を代替する主要な技術として位置づけられる。天敵類を害虫防除に導入・普及するにあたり、従来からの「環境に優しい」と言うアピールだけでは生産者の取組み意欲を高めるには不十分であり、天敵を導入する目的や農業経営上のメリットを示す必要がある。本研究会では、海外からの導入を含め、天敵利用による害虫防除を積極的に実践・普及しているニュージーランドの研究者を招聘し、園芸作物における害虫防除に天敵を導入して普及させるための戦略、生産者にとってのメリットなど、天敵利用促進の取組みに関する情報を得るとともに国内の研究者との意見交換を行ない、我が国の天敵利用技術を早急に普及させるための戦略策定に資する。

2. 開催日時・場所

日時:平成25年9月19日(木曜日) 13時30分~17時00分
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所2F 第一会議室
〒305-8601 茨城県つくば市観音台2-1-9

3. 参集範囲

農研機構の虫害研究者、独立行政法人、県の研究機関および大学の昆虫研究者など

4. プログラム

※講演はすべて英語で行います

  • 13時30分 あいさつ
  • 13時40分 ニュージーランドにおける土着天敵利用の現状(The New Zealand Institute for Plant & Food Research Limited Dr. John Charles)
  • 14時30分 ニュージーランドの野菜栽培における天敵利用の現状と研究開発(The New Zealand Institute for Plant & Food Research Limited Mr. Graham Walker)
  • (休憩)
  • 15時40分 農業に有用な生物多様性の指標開発について ((独)農業環境技術研究所 田中 幸一)
  • 16時10分 日本における土着天敵利用の現状と将来展望(中央農業総合研究センター 後藤 千枝)
  • 16時40分 総合討論
  • 17時00分 終了

5. 申込方法

別紙申込書にて申し込み下さい。(申込締切:9月10日(火曜日))

申込書送付先

検討会事務局
Fax: 029-838-6541 e-mail: raku-tyugai(at)naro.affrc.go.jp

6. 事務局(問い合わせ先)

(独)農研機構 果樹研究所 品種育成・病害虫研究領域 井原 史雄
Tel: 029-838-8548 e-mail: ihara(at)affrc.go.jp

法人番号 7050005005207