イベント・セミナー詳細

専門家

平成25年度水田・里山放牧推進協議会設立10周年記念情報交換会

情報公開日:2013年9月 4日 (水曜日)

趣旨

水田・里山放牧の技術開発および普及推進を図るために、平成15年9月16日に設立された水田・里山放牧推進協議会は、今年10周年を迎えます。これまでに、小規模移動放牧技術等を活用した経営内放牧の普及により、各地域で水田や遊休地を活用するマニュアルも多く発行されるとともに、放牧に取り組む農家も増え、水田放牧の面積や放牧頭数は増加してきました。

しかしながら、わが国の中山間地を中心とした耕作放棄地面積増大にまだ歯止めはかかっていません。飼料自給率向上に向けて、耕作放棄地(38万ha)は飼料生産の場として有効活用すべき対象であり、加えて労働者不足、担い手の高齢化により乳牛・肉牛の生産現場では労力軽減への期待がきわめて高いです。このような背景において、家畜生産現場での放牧の活用は不可欠であり、その拡大が求められています。また、放牧による農地保全管理への潜在的な需要も高いです。

設立10周年となる平成25年度水田・里山放牧推進協議会情報交換会では、全国の放牧技術普及関係者等に、最新の関連技術を発表頂くとともに、各地域での生産者、行政および研究者による取り組み事例等の情報交換を行うことにより、今後の放牧を活用した畜産のさらなる普及促進策について検討します。

主催

(独)農研機構 畜産草地研究所 水田・里山放牧推進協議会

日時

平成25年10月31日(木曜日)13時10分~16時30分

場所

畜産草地研究所那須研究拠点 GGホール(栃木県那須塩原市千本松768)

検討事項

テーマ「放牧活用型畜産の普及にむけて」

(1)基調講演
放牧を活用した農村再生の道
ジャーナリスト 吉田光宏

(2)話題提供

  • 水田・里山放牧推進協議会10周年に想う
    神津牧場 常務理事・清水矩宏(初代会長)
  • 放牧普及をめぐる情勢報告
    農林水産省畜産振興課 課長補佐・丹菊将貴
  • 最近の放牧研究
    畜産草地研究所 草地管理研究領域 上席研究員・井出保行

(3)ポスター発表(放牧技術、取り組み事例等)

(4)事例報告

  • 水田地帯での放牧酪農経営
    酪農家・上野 裕(茨城県)
  • 遊休地を活用した肉用牛繁殖経営への新規参入
    肉用牛繁殖農家・瀬尾 亮(栃木県)

(5)情報交換および総合討論

参集範囲

水田・里山放牧推進協議会会員、農林水産省関係部局、公立試験研究機関・行政普及部局、民間研究機関、大学、(独)家畜改良センター、(独)農業・食品産業技術総合研究機構、その他会長が認める者

問い合わせ先(事務局)

畜産草地研究所 草地管理研究領域長
山本嘉人 Tel:0287-37-7807 E-mail:yoshito@affrc.go.jp

会議参加申込先

情報交換会に参加希望者は、申込書にて10月11日(金曜日)までにFaxまたは電子メールで下記まで、お申し込みください。

畜産草地研究所 企画管理部 那須企画管理室 連絡調整チーム長 大里 孝
Tel:0287-37-7005 Fax:0287-37-7132  E-mail:kouryu_nasu@naro.affrc.go.jp

ポスター発表申込先

今年度の情報交換会では、広く皆様の取り組みについてもご紹介頂けるよう、ポスター発表の機会を設けたいと思います。会議当日のポスター掲示とともに会議資料(畜産草地研究所資料)に掲載いたします。発表希望の方はポスター発表要領にて原稿を作成し、10月11日(金曜日)までに下記のポスター事務局に提出ください。内容は、中山間地域における放牧活用型畜産の取り組み事例(耕作放棄地放牧、水田放牧、獣害対策、農地保全など)を紹介する「研究発表」もしくは「事例発表」とします(情報を広く発信する目的であれば、以前に発表した内容でも結構です)。

畜産草地研究所 草地管理研究領域 上席研究員 井出保行
Tel:0287-37-7808 E-mail:runsama@affrc.go.jp

その他

当日18時30分より別会場(西那須野駅周辺)にて10周年記念祝賀会(懇親会)を開催予定です。

法人番号 7050005005207