イベント・セミナー詳細

食品総合研究所

専門家

産総研・食総研共催:平成25年度 放射性セシウムを含む玄米試料を用いた放射能測定確認試験

情報公開日:2013年10月30日 (水曜日)

  (独)産業技術総合研究所計量標準総合センターと(独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所は、今年度開発した放射性セシウムを含む玄米認証標準物質の同等品を用いたシンチレーション式放射能測定器を対象とした放射能測定の確認試験を実施いたします。

注)濃度既知試料を用いた測定者(参加者)自らによる放射能測定の信頼性(確からしさ)の確認が目的です。試験の内容を具体的に示すため、本試験の名称を「平成25年度放射性セシウムを含む玄米試料を用いた相互比較試験」から表題に変更しました。

参加者および測定試料

今回の確認試験は、校正等の機器管理を行っているシンチレーション式放射能測定器を所有または管理している方が対象です。
プロトコルに示されたシンチレーション式放射能測定器※の専用容器に充填した放射性セシウムを含む玄米試料について、セシウム134及びセシウム137の個別あるいは合算の放射能濃度[Bq/kg]を測定します。なお、充填した玄米試料は、NMIJ CRM 7541-b 同等品であり、事前にこの認証値についてはお知らせします。

※試験実施協力機関の取り扱っている測定器に限定されます。すべてのシンチレーション式放射能測定器が対象ではありません。プロトコル内の対象機種一覧(表1)をご確認下さい。

参加費

無料。ただし、試料輸送費(受取、返送とも)は参加者にご負担いただきます。

参加申し込み

プロトコル(こちらを参照)をご確認の上、下の参加申し込みサイトにて必要事項を記入し、参加をお申し込みください。

参加申し込み

締め切りました。多数の参加申し込みをありがとうございました。
なお、申込みにご記入いただいた個人情報は、この試験での試料配付、試験結果の送付及び試験遂行に必要な連絡のみに使用します。

参加申し込みの受付期間

10月30日の受付開始から11月14日までの予定。
なお、先着順のため、定員を超えた場合、お断りすることがあります。

参加者の決定

11月18日よりお知らせします。

試料発送予定

試験実施協力機関より順次試料を発送、回付します。12月2日からを予定。

結果報告期日

試料受取後4週間以内。

問合せ先

試験主催機関 産業技術総合研究所 / 農研機構 食品総合研究所
E-mail:hikaku25-ml(後ろに@aist.go.jpをお付けください)
なお、経過その他については、産総研、食総研のそれぞれのサイトでお知らせします。
よくあるお問合せ

 

(参考)

玄米認証標準物質
今回用いる玄米試料は、認証標準物質NMIJ CRM 7541-bの製造時に、同時処理で均質化された玄米試料の一部であり、今回は充填容器が異なることから、認証標準物質の同等品となります。

法人番号 7050005005207