イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

農研機構「有機農業体系研究プロジェクト」技術研究会

情報公開日:2014年1月24日 (金曜日)

「有機水田作の雑草対策について考える(ランチョンセミナー)」の開催について

趣旨

水稲など水田における有機栽培では雑草対策が大きな課題です。農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)では、現在「有機農業体系プロジェクト」の中で、先進的な有機栽培農家で行われている米ぬか散布や深水管理などの抑草技術について科学的視点からの機作解明をすすめています。また、各種事業や共同研究により、公的研究機関、大学、民間企業、生産者等と連携して、除草機械の開発や汎用的な有機栽培体系の実用化に取り組んでいます。しかし、現状では安定的な抑草技術や有機栽培体系を開発、提示するには至っていません。
そこで、有機水田作の雑草対策に関する各研究機関や生産者等の取り組みについて幅広に情報・意見交換をおこなうことで、抑草技術や有機栽培体系の開発、普及および関係者の連携を推進するための研究会(ランチョンセミナー)を開催いたします。

開催日時

2014年2月7日(金曜日) 10時30分~14時30分 (開場 10時00分)

開催場所

農研機構 中央農業総合研究センター 大会議室(中央農研本館1階)
(茨城県つくば市観音台3-1-1) (会場へのアクセス)

研究会の内容

  • 話題提供
    • 地域と連携した水稲有機栽培の推進と除草技術の開発
      • みのる産業株式会社 陶山 純
  • 研究報告(4~6演題を予定)
    • 研究会参加者に研究(事例)報告を募集し発表および討論をおこないます。
    • *研究者、生産者、学生などの皆さんが行った水田作(水稲や大豆等の転作作物)の有機栽培・雑草防除に関する研究、現地試験、営農事例をご報告ください。報告時間は10~15分です。
    • 研究報告のオンライン申し込みはこちら(締め切り:2014年1月20日)
      ※申し込みは終了しました。
  • 総合討論

参集範囲

有機栽培の研究や技術開発に携わっている都道府県、独立行政法人および民間の研究(技術)者、地方自治体等の行政職員および農業改良普及員、大学等の研究者および学生、農業関係団体職員および生産者等

参加費・定員

  • 参加費無料(事前の申込みが必要です)
  • 定員50名(定員になり次第,申し込みを締め切らせていただきます)
    ※定員となりましたので、申し込みを終了しました。(2014年1月24日)

参加申し込み

  • → 研究会へのオンライン参加申し込みはこちら(締め切り:2014年2月3日)
  • → 研究会での研究報告のオンライン申し込みはこちら(締め切り:2014年1月20日)
    ※いずれも申し込みを終了しました。
法人番号 7050005005207