イベント・セミナー詳細

2013年度生研センター研究成果発表会

情報公開日:2014年1月30日 (木曜日)

趣旨

2013年度で研究期間が終了するイノベ-ション創出基礎的研究推進事業の15課題の研究成果を発表いたします。

これらの課題の成果を関係者だけでなく、研究者、産業界等広く国民の皆様にお伝えし、さらに様々な分野で利活用されることが私どもの願いです。

また、本発表会の中で、農研機構食品総合研究所 山本万里氏による記念講演も行います。

入場無料で、どなたでもご来場頂けますので、多数の皆様のお越しをお待ちしております。

開催日

2014年3月5日(水曜日)~6日(木曜日)

開催場所

千代田区立内幸町ホール 地下1階
(東京都千代田区内幸町1-5-1)
http://www.uchisaiwai-hall.jp/

内容

研究者による研究成果発表及び質疑

入場料

無料・事前申し込みの必要はありません

プログラム詳細

茶の機能性成分を活かした製品(べにふうき製品)サンプル品を差し上げます(なくなり次第終了)

【3月5日(水曜日)】

10時00分 【プロローグ】開催挨拶(1日目) 堀江 武
農研機構 理事長
10時15分 インシリコ分子設計とナノ技術を駆使した牛白血病ワクチンの開発 間 陽子 理化学研究所
10時50分 牛の難治性疾病に対する新規ワクチン戦略 今内 覚 北海道大学
11時15分 豚の慢性疾病に関わる免疫調節機構の解明と高抗病性種豚の開発 鈴木 啓一 東北大学
11時50分 家禽における新規脳内摂食調節因子の機能解明とその利用 浮穴 和義 広島大学
12時15分 休憩  
13時15分 【記念講演】茶の機能性成分を活かした製品の開発 山本(前田)万里
農研機構 食品総合研究所
14時15分 休憩  
14時25分 不凍ペプチドを用いた牛生殖細胞と初期胚の超高性能保存液の開発  青柳 敬人
全国農業協同組合連合会 
15時00分 魚類天然資源から効率的に優良経済形質を選抜育種する技術の開発  荒木 和男
水産総合研究センター
15時35分 植物人工染色体の創出と伝達制御に関する研究  村田 稔 岡山大学 
16時10分 終了   

 

 
 

【3月6日(木曜日)】

10時00分

開会挨拶(2日目)

米山 忠克
農研機構 副理事長
10時10分 昆虫脱皮ホルモン合成系に着目した昆虫発育制御剤の探索 片岡 宏誌 東京大学
10時45分 食品の安全性に関する簡易リスク判定技術の開発 和賀 巌
NECソフト株式会社
11時20分 大果果実の作出に向けたバラ科果樹枝変わり大果変異の機構解明  白武 勝裕 名古屋大学 
11時55分 休憩   
12時55分 インシリコ予測に基づいた植物の新規機能性低分子ペプチドの探索  花田 耕介 理化学研究所 
13時20分 フロリゲンの直接導入による開花・生長調節技術の創出  辻 寛之
奈良先端科学技術大学院大学 
13時55分 希少糖の新規農業資材への応用技術開発とその機能解明  秋光 和也 香川大学 
14時30分 休憩   
14時40分 スギ優良個体の選抜のためのゲノムワイドアソシエーション研究  津村 義彦 森林総合研究所 
15時15分 作物生産向上のためのストリゴラクトンの生合成と作用機構の解明  山口信次郎 東北大学 
15時50分 【エピローグ】生研センター競争的研究資金事業を振り返って  大川 安信
農研機構 理事 
16時20分 終了   
法人番号 7050005005207