イベント・セミナー詳細

専門家

農場衛生管理システム・第6回マッチングフォーラム「畜舎の空気環境を考える」

情報公開日:2014年5月21日 (水曜日)

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)では、畜産物の農場段階での安全性確保や損耗防止による生産性向上を目指すため、平成23年より「農場の微生物汚染低減を目指した日本型家畜飼養管理システムの開発(農場衛生管理システム)」という研究課題を立ち上げました。課題遂行に当たっては民間企業が持つノウハウや技術等の活用など産学官連携に基づくネットワークを構築して、多面的に研究を進める必要があると考え、民間企業等との公開マッチングフォーラムを設定し、今後の連携の可能性について協議しています。

畜舎内で発生するエアロゾルは病原微生物の伝播に重要な役割を果たすと考えられており、その対策が必要となります。今回のフォーラムでは、畜産におけるエアロゾルを中心に、畜舎空気の清浄化や最適環境を考慮した次世代型牛舎に関する話題を取り上げ、議論していきたいと思います。

席に限りがありますので、参加を希望される方は6月11日(水曜日)までにお早めにご登録下さい。
事前登録をオンライン参加申込ページからお願いします。(参加無料)

*受付は終了しました。

開催日時

2014年6月20日(金曜日)13時30分~17時00分

開催場所

つくばサイエンス・インフォーメーションセンター大会議室
(茨城県つくば市吾妻1-10-1、TXつくば駅から徒歩3分)
交通案内等はhttp://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/2117/007622.htmlをご覧下さい。

プログラム

  • 13時30分~13時35分 主催者挨拶
    (独)農研機構大課題推進責任者 動物衛生研究所 所長 津田 知幸
  • 13時35分~13時45分 中課題「農場衛生管理システム」の概要説明
    (独)農研機構中課題推進責任者 動物衛生研究所 勝田 賢
  • 13時45分~14時15分 「畜産におけるエアロゾルとその拡散」
    宇都宮大学 池口 厚男
  • 14時15分~14時35分 「空気(飛沫核)感染する豚の病気とその対策」
    (独)農研機構 動物衛生研究所 宮崎 綾子
  • 14時35分~15時15分 「Bacterial emission from pig and poultry farms」(日本語通訳付き)
    University of Veterinary Medicine Hannover Dr. Jochen Schulz
  • 15時15分~15時30分 休憩(15分)
  • 15時30分~15時50分 「大型モーターと子牛」
    (株)釜石電機製作所 川崎 栄
  • 15時50分~16時10分 「最適環境を考慮した次世代型牛舎」
    パナソニック環境エンジニアリング(株) 森田 一弘
  • 16時10分~16時20分 休憩(10分)
  • 16時20分~17時00分 総合討論

(演題名、講演者に多少の変更がある場合があります。悪しからずご了承下さい。)

その他

尚、フォーラム終了後、情報交換会を行います。
18時00分 ~
会場:つくばセンタービル内 アイアイモール ダイニングバー「ボンド」
会費:4千円

情報交換会への参加を希望される方は、6月11日(水曜日)までに事前登録をオンライン参加申込ページからお願いします。

*受付は終了しました。

お問い合わせ先

詳細についてのお問い合わせは下記までご連絡下さい。

動物衛生研究所 病態研究領域・中課題「農場衛生管理システム」推進責任者
勝田 賢
E-mail:farm-biosecurity-mg@ml.affrc.go.jp

法人番号 7050005005207