イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者 企業

異分野融合・テクノコロキウム/平成26年度 第2回 農研機構 産学官連携交流セミナー

- みんなの力で6次産業化の推進を! -

情報公開日:2014年7月16日 (水曜日)

農研機構は、つくば産業フォーラム及び茨城県と共同で、農業分野の研究者と異分野の企業との技術交流を目的とした異分野融合・テクノコロキウム開催します。今回のテーマは「みんなの力で6次産業化の推進を!」で、講演会や技術展示を行います。また、平成26年度第2回農研機構産学官連携交流セミナーを同時開催します。

日時

平成26年8月6日(水曜日) 10時00分~15時30分

会場

文部科学省 研究交流センター 2階
(茨城県つくば市竹園2-20-5) 交通案内

主催

農研機構、つくば産業フォーラム、茨城県

参加費

無料

内容

農研機構、企業による技術展示 10時00分~15時30分

【農研機構の出展内容】

  • 中央農業総合研究センター(食農連携のためのWebマニュアル、ピーマンモザイク病ワクチン)
  • 作物研究所(ゴマ等の特産作物を利用した商品開発、米新品種「あきだわら」「にこまる」)
  • 食品総合研究所(十割そばの簡易製粉・製麺装置)

この他、GABAチーズ(畜産草地研究所)、酵素で皮むきしたカンキツ果実(果樹研究所)の試食を行います。

講演会 10時20分~12時00分

  • 災害用非常食米 ホッと!ライスの開発について
    中山環境エンジ(株) 村関 尚志
  • 大根生産から加工販売まで
    農業生産法人(有)ナガタフーズ 永田 修一
  • 新品種を活用した6次産業化の成功のポイント
    農研機構 中央農業総合研究センター 後藤 一寿

平成26年度 第2回 農研機構 産学官連携交流セミナー 13時00分~14時20分

テーマ:農研機構おすすめの新品種・食品加工技術-みんなの力で6次産業化の推進を!

  • 地域特産作物による6次産業化
    作物研究所 大潟 直樹
  • 酵素剥皮による果実の新しい商品開発の提案
    果樹研究所 野口 真己
  • GABA生成乳酸菌を活用した特徴ある乳製品製造
    畜産草地研究所 野村 将

地域特産物(ゴマ)を利用した商品、GABAチーズ、酵素剥皮技術

申込み

異分野融合・テクノコロキウムについては、原則として事前申込みは不要です。
午後のセミナーへの参加は、当日参加可能ですが、準備の都合上、事前に申込みをお願いします。参加希望者は、氏名、フリガナ、所属、役職および連絡先をjoint_research@naro.affrc.go.jpへご連絡ください。

 

法人番号 7050005005207