イベント・セミナー詳細

専門家

平成26年度家畜ふん尿処理利用研究会

情報公開日:2014年9月10日 (水曜日)

テーマ

畜産経営における臭気低減化への技術対応と畜産環境関連新技術の研究動向

開催趣旨

わが国の畜産経営の存続を左右する悪臭苦情を軽減することが急務となっています。悪臭苦情については、境界を越えた所で法規制を越えている場合、また規制値を下回っているが近隣の苦情が発生している場合、さらには畜舎内の作業環境として悪臭がきついなどの多くの問題を包含しています。そこで、悪臭を構成している臭気物質の畜産経営での発生の実態や、これら臭気物質の低減化に資する技術に関する研究成果について話題提供を行い、情報交換を行います。また、環境保全型畜産経営に寄与する畜産環境関連新技術に関する研究開発の成果について紹介します。

開催日時

平成26年11月6日(木曜日) 13時00分~17時10分
平成26年11月7日(金曜日) 9時10分~12時00分

開催場所

畜産草地研究所(那須研究拠点)GGホール(栃木県那須塩原市千本松768)

主催

畜産草地研究所
共催:中央農業総合研究センター

内容

 第1日目:11月6日(木曜日)

挨 拶

基調講演「畜産環境の現状と行政の動向」
農林水産省生産局畜産部畜産企画課 畜産環境・経営安定対策室 課長補佐 和田 剛

【臭気発生の実態と臭気低減化への技術対応】

座長 農研機構畜産草地研究所 領域長 鈴木一好

  • 養豚堆肥化施設における発生源別の臭気物質の挙動
    福岡県農林業総合試験場 専門研究員 小山 太
  • 畜舎からの臭気成分の拡散と制御について
    宇都宮大学 農学部 教授 池口厚男
  • 微生物環境制御型脱臭システムの開発
    農研機構生物系特定産業技術研究支援センター 主任研究員 川瀨 芳順
  • 生物脱臭装置におけるアンモニア分解関連微生物の特徴
    農研機構畜産草地研究所 主任研究員 安田知子
  • 低温熱源である堆肥発酵熱を回収して温水へ変換するシステム
    農研機構畜産草地研究所 主任研究員 小島陽一郎
  • 総合討論

第2日目:11月7日(金曜日)

【畜産環境関連新技術の研究動向】

座長 農研機構畜産草地研究所 上席研究員 天羽弘一

  • 南西諸島における家畜糞尿を核とした地域バイオマス利活用モデルの構築
    農研機構九州沖縄農業研究センター 上席研究員 田中章浩
  • メタン発酵消化液の膜分離等による濃縮・改質とその利用
    (一財)畜産環境整備機構 畜産環境技術研究所 主任研究員 長峰孝文
  • 畜舎洗浄ロボットの導入とその効果
    (株)中嶋製作所 専務取締役 中島功雄
  • 微生物燃料電池の研究動向
    農研機構畜産草地研究所 主任研究員 横山 浩
  • 総合討論

参集範囲

農林水産省生産局、地方農政局、技術会議事務局、独立行政法人試験研究機関、都道府県試験研究機関、普及指導機関、大学、民間団体、民間企業等

参加申込み

申し込みフォームをご利用下さい。
https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro075/h26_funnyo 

〆切:平成26年10月20日(月曜日)

その他

  • 那須塩原駅・西那須野駅からのバスの便数が少ないため、ご注意ください。 バス時刻表はJRバス関東のウェブサイトでご確認ください。バス停は「千本松」です。
  • 宿泊については、西那須野駅周辺に宿泊施設があります。各自で予約をお願いします。
  • 懇親会は、11月6日(木曜日)18時15分から錦鮨(那須塩原市下永田1-995、Tel:0287-36-1876)にて行います。会費 5,000円は研究会受付時にお預かりします。また、懇親会参加の追加・キャンセルの連絡については10月30日(木曜日)までにお願いします。 (それ以降のキャンセルは実費を頂戴致します。)
    【懇親会の送迎バス】
    17時30分 畜産草地研究所基盤棟前発 → 懇親会場(錦鮨)
    20時15分 懇親会場(錦鮨) → 西那須野駅

事務局

畜産草地研究所企画管理部業務推進室 運営チーム
〒305-0901茨城県つくば市池の台2
Tel:029-838-8250 Fax:029-838-8606

※事務連絡をもって正式な開催通知といたします。別途公文書等が必要な場合は、事務局までご相談下さい。

法人番号 7050005005207