イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

平成26年度 成果伝達会 -被災地の早期復興に資する果樹生産・利用技術の実証研究-

情報公開日:2014年9月17日 (水曜日)

内容

東日本大震災からの復興に向けて農林水産省が実施する「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」において、果樹分野では、平成23年度に現地実証施設を宮城県に設置し、平成24年度からブドウ、小果樹類、クリ等に関する先端的な生産技術を駆使した実証研究を進めてきたところです。

この度、本事業で得られた研究成果の速やかな普及を図るため、成果伝達会を開催いたします。本伝達会では、皮ごと食べられるブドウとして人気のある「シャインマスカット」の省力栽培法や鮮度保持技術、スイーツ需要が高まっているカーランツ等の小果樹類の栽培法、渋皮が加熱するとむけるクリ「ぽろたん」のジョイント仕立て法など、被災地の農家の方々が収益性の高い経営を実現するために有効な魅力ある果樹農業技術を提案します。

みなさまのご来場を心よりお待ちしています。(内容の詳細については、平成26年度 成果伝達会プログラム(PDF)をご覧下さい。)

開催日時

平成26年10月9日(木曜日) 9時00分~16時00分 (午前:視察、午後:伝達会)

開催場所

宮城県農業・園芸総合研究所
〒981-1243 宮城県名取市高舘川上字東金剛寺1
JR東北本線「南仙台駅」または「名取駅」より車で約10分)

開催スケジュール

(視察圃場及び伝達会会場への送迎用にバスを用意いたします。)

9時00分 宮城県農業・園芸総合研究所集合
(自家用車でお越しの方は宮城農園研の駐車場に駐車の上、バスにご乗車ください。)

9時30分 JR名取駅集合
(電車の方は名取駅西口に集合し、バスにご乗車ください。)

10時10分-10時30分 現地実証圃場視察(山元町)

11時10分-12時10分 宮城県農業・園芸総合研究所視察

12時10分-13時00分 昼食

13時00分-13時05分 挨拶

13時05分-13時40分 ブドウ「シャインマスカット」の省力栽培法及び長期鮮度保持技術

13時40分-14時15分 レッドカーランツ等小果樹類の省力・多収栽培法

14時15分-14時55分 クリ「ぽろたん」のジョイント栽培技術及び消費拡大が期待される加工品

14時55分-15時20分 試食及び休憩(「シャインマスカット」の果実、レッドカーランツのピューレ、「ぽろたん」焼き栗のレトルト)

15時20分-15時45分 津波被災農地でも果樹を栽培可能な根域制限栽培システム

15時45分-15時55分 その他

16時00分 閉会
(会議終了後、JR名取駅までバスでお送りします。)

募集対象

生産者、生産者団体、行政・普及組織、研究機関、その他本事業に関心を持つ方

募集定員

80名程度(先着順)

参加費

無料

法人番号 7050005005207