イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

第11回 農研機構・果樹研フルーツセミナー - 果物をもっと手軽に!簡便な食べ方の提案-

情報公開日:2014年9月24日 (水曜日)

趣旨

農研機構は、我が国の果樹研究を担う中核研究機関として、果樹農業の発展に貢献し、国民の食生活に潤いと豊かさを届けてきました。

本セミナーでは国産果物の消費拡大を図るため、新品種の特徴を紹介するとともに簡便に食べられる果実の提供方法を提案し、生産から流通、消費に至る幅広い関係者の交流を通じて農食ビジネスの拡大につなげることを目的にセミナーを開催します。

第1部では、果樹研究所が育成したカキの新系統について、品種とするにふさわしいか皆様のご意見を伺います。

第2部では、デザート消費のトレンドや新品種に関する講演、酵素はく皮技術で調製したカンキツやカキ、ぽろたんのレトルト焼き栗、ブドウの果粒パックなど果実を簡便に食べられる提供方法の提案、新品種を用いた加工品の試食等を行います。

市場関係者をはじめ、果物販売に携わる方、食品加工企業、ホテル・飲食店、野菜ソムリエの方など、果物や食に関わる皆様方にご参加いただければ幸いです。

開催日時

平成26年10月31日(金曜日) 10時30分~16時30分

開催内容

第1部 10時00分 受付開始

1)育成系統求評会(カキ安芸津24号) 10時30分-11時30分
趣旨:「太秋」の孫にあたる、「松本早生富有」とほぼ同時期に収穫できる新系統です。
多汁で食味良好ですが、汚損果が発生するため、外観をどの程度気にされるか、
品種化した際の商品性等、ご意見をお聞かせ下さい。

第2部 13時00分 受付開始

1)講演
・「デザート消費のトレンドと国産フルーツへの期待」
(株)ローソン 商品本部本部長補佐兼 ベーカリー・デザート部長 鈴木 嘉之
・「手軽に食べられる果樹新品種の紹介」
農研機構果樹研究所 品種育成・病害虫研究領域長 山田昌彦

2)新品種・新技術紹介

  • リンゴ新品種「もりのかがやき」、「ルビースイート」、「ローズパール」 農研機構果樹研究所
  • リンゴ新品種を使ったフレッシュジュース (株)青木商店
  • ニホンナシ「王秋」 JA鳥取中央湯梨浜営農センター
  • ニホンナシ「王秋」を使ったサラダ デザイナーフーズ(株)
  • ニホンナシ新品種「甘太」 農研機構果樹研究所
  • カンキツ及びカキ果実の酵素はく皮 農研機構果樹研究所
  • ぽろたん焼き栗のレトルト 茨城県工業技術センター
  • ブドウの果粒パック ○粒ブドウ生産流通研究コンソーシアム

3)試食・試飲

4)総合討議

※詳細については、「第11回農研機構・果樹研フルーツセミナー開催要領」をご覧ください。

場所

南青山会館
(東京都港区南青山5-7-10, Tel.03-3406-1365)
地下鉄銀座線・半蔵門線「表参道」駅(B3出口)から徒歩3分

募集対象

果物の品種や食材等にご興味のある小売業者、食品産業事業者、料理関係者、一般消費者。

募集定員

120名程度(参加費無料)

参加申込み

参加申し込みは10月24日(金曜日)までに、機関毎にまとめてフルーツセミナー事務局宛てにFaxまたはメールにて、お申し込みください。
※定員に達しましたので、参加申し込みは終了しました。

申込みおよび問い合わせ

農研機構・果樹研究所フルーツセミナー事務局(栽培・流通利用研究領域長 別所 英男) 
Tel:029-838-6461 Fax:029-838-6440 電子メール:fruitseminar@ml.affrc.go.jp

法人番号 7050005005207