イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

イチゴ高設栽培標準化フォーラム

情報公開日:2014年10月16日 (木曜日)

復興庁・農林水産省 食料生産地域再生のための先端技術展開事業
「イチゴ高設栽培システムの標準仕様の策定」

公開討論 (イチゴ高設栽培標準化フォーラム)
飛躍的な生産性向上を実現するイチゴ生産プラットホームとは

東日本大震災による津波で大きな被害を受けた東北最大のイチゴ産地である宮城県亘理町、山元町は大規模なイチゴ団地を建設し新たに生まれ変わりつつあります。
そこでは多くの生産者がはじめて高設栽培を活用したイチゴ生産に取り組んでいます。
本フォーラムでは、亘理町、山元町の生産現場の状況にふれつつ、「飛躍的な生産性向上を達成するためのイチゴ生産プラットホームとはなにか」議論します。

  • 主催 農研機構 野菜茶業研究所
  • 共催 宮城県農業・園芸総合研究所

開催日時

平成26年12月12日 (金曜日) 13時00分~17時00分

開催場所

宮城県農業・園芸総合研究所講堂
宮城県名取市高舘川上字東金剛寺1番地 Tel : 022-383-8111

※参加費は無料です。

内容

  • 宮城県亘理町、山元町のイチゴ団地復興について
  • 主要なイチゴ高設栽培システムの普及状況と特徴
  • 公開討論
    「生産性を飛躍的に向上するイチゴ生産プラットホームとは」
    イチゴ高設栽培に詳しい研究者、技術者、生産者を討論者 (パネリスト) に迎え、高設栽培システム、ハウス、環境制御システムなどこれからのイチゴ生産システムについて、テーマを設定し、パネリストと会場の参加者で議論します。

参集範囲

農業生産者・法人、農業団体、行政・普及・試験研究機関、大学関係、農業資材・関連企業

参加申し込み

メールまたはFaxで申し込みください。
タイトルを「公開討論参加申し込み」として

  • メール :画像にしたメールアドレス(参加申込先)宛て
  • Fax : 059-268-3213

【申込締め切り】 11月28日です。

農研機構 野菜茶業研究所
企画管理部 業務推進室 企画チーム 主査 蓮 三則
Tel : 050-3533-3810 Fax : 059-268-3213
メールアドレス :画像にしたアドレス(参加申込先)

問い合わせ先 (研究会の内容について)

農研機構 野菜茶業研究所
武豊野菜研究拠点 上席研究員 岩崎泰永
メールアドレス :画像にしたメールアドレス(問い合わせ先)

法人番号 7050005005207