イベント・セミナー詳細

専門家

平成26年度受精卵移植関連新技術全国会議(第19回)

情報公開日:2014年11月21日 (金曜日)

開催要領

趣旨

今年で19回目を迎える当会議は、このたび、受精卵移植関連新技術全国会議と名称を改め、受精卵移植に関連する試験を実施している全ての機関・技術者を対象に開催します。今回の会議では、受精卵移植をめぐる最近の動向、家畜繁殖に係る研究事業や牛繁殖技術に関する話題ならびに共同研究の実施状況を取り上げます。併せて、特別講演により、マンガを通じた科学啓蒙・広報活動の方向性も紹介します。これらの取り組みを通じ、受精卵移植に関連する新技術に携わる主要メンバーが集まるこの会議の場を活用した情報交換及び研究の連携構築を図ります。

主催

農研機構畜産草地研究所
家畜改良センター

日時

平成27年2月19日(木曜日)13時30分~17時15分
平成27年2月20日(金曜日) 9時00分~12時00分

場所

農林水産省筑波事務所 農林ホール
(茨城県つくば市観音台2-1-9)

内容

第1日目:2月19日(木曜日)

開会の挨拶(13時30分~13時45分)

農研機構畜産草地研究所 所長 土肥 宏志
家畜改良センター 理事長 佐藤 英明

受精卵移植をめぐる最近の動向(13時45分~14時25分)

  • 行政部局からの情勢報告
    農林水産省農林水産技術会議事務局
  • 国際胚移植学会(IETS)大会の概要
    農研機構畜産草地研究所 家畜育種繁殖研究領域 主任研究員 的場 理子

家畜繁殖に係る研究事業の現状について(14時25分~15時15分)

  • 革新的技術緊急展開事業「効率的な家畜管理・草地管理法導入による公共牧場および繁殖農家の生産性向上技術の実証」
    家畜改良センター 技術1課 新技術第1係長 松田 秀雄
  • 戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)「生体センシング技術を活用した次世代精密家畜個体管理システムの開発」
    農研機構動物衛生研究所 病態研究領域 上席研究員 吉岡 耕治

牛繁殖技術に関する話題について(15時35分~16時25分)

  • 繁殖障害雌牛からの後継牛生産を目的としたOPU-IVF(仮題)
    森永酪農販売(株)ミック事業部 事業部長 遠藤 健治
  • 牛の胎盤剥離製剤の開発に向けて(仮題)
    農研機構畜産草地研究所家畜育種繁殖研究領域 上席研究員 鎌田八郎

質疑応答および討論(16時25分~17時10分)

コメンテーター:開業家畜人工授精師(福島県)  陣野原 進

その他(17時10分~17時15分)

第2日目:2月20日(金曜日)

特別講演(9時00分~9時50分)

科学啓蒙・広報にマンガを使うとはどういうことか
うるのクリエイティブ事務所 代表 宇留野 拓也

共同試験の実施状況(10時10分~11時30分)

質疑応答および討論(11時30分~11時55分)

その他(11時55分~12時00分)

閉会(12時00分)

参集範囲

農林水産省、独立行政法人、都道府県試験研究機関・行政機関・普及指導機関、各種法人、大学、民間企業等

申し込み方法

〆切:平成27年1月30日(金曜日)
※申し込みが完了すると登録完了メールが送信されます。もし、申し込んだにも関わらず、メールが届かない場合は、事務局にご一報ください。
※今回は、Faxによる受付は行いません。
※webページからの申し込みが不可能な場合は、事務局にご相談ください。

【事務局】
農研機構畜産草地研究所 企画管理部 業務推進室
〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
Tel:029-838-8618 Fax:029-838-8606
電子メール:secretariat-30@naro.affrc.go.jp

法人番号 7050005005207