イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

第12回 果樹研フルーツセミナー 「国産レモンをおいしく食べよう!」

情報公開日:2015年1月26日 (月曜日)

趣旨

農研機構は、我が国の果樹研究を担う中核研究機関として、果樹農業の発展に貢献し、国民の食生活に潤いと豊かさを届けてきました。

国産果物の消費拡大を図るため、レモンに関する知識や最近の研究成果、産地での取り組み等について紹介し、生産から流通、加工、消費に至る幅広い関係者の交流を通じて農食ビジネスの拡大につなげることを目的にセミナーを開催します。

第1部では、果樹研究所が育成したカンキツの新系統について、品種とするにふさわしいか皆様のご意見を伺います。

第2部では、レモンと健康、和食での利用についての講演、レモン新品種、加工品の紹介、産地での取り組み、新品種「璃の香」を用いたスイーツの試食等を行います。

開催日時

平成27年2月19日(木曜日) 10時30分~16時30分

開催内容

第1部 10時00分 受付開始

1)育成系統求評会(カンキツ興津63号) 10時30分-11時30分
「はれひめ」の親であるE-647と「太田ポンカン」の子どもです。成熟期は1月下旬~2月下旬です。柔軟多汁な肉質と糖度が高く食味のよさが特徴の新系統です。欠点は、果実が小さく玉ぞろいの悪い点と、種が入ることです。良食味ですが、果実のサイズや種が入るのをどの程度気にされるか、品種化の可否についてご意見をお聞かせ下さい。

 

第2部 13時00分 受付開始

1)講演

  • レモンと健康
    東海学園大学スポーツ健康科学部教授 三宅 義明
  • 和食とレモン
    料理研究家 小川 聖子

2)新品種・新技術紹介

  • レモン新品種「璃の香」
    農研機構果樹研究所
  • 「璃の香」を使ったスイーツ
    ウイーン菓子工房 リリエンベルグ
  • レモン新品種「イエローベル」
    広島県立総合技術研究所農業技術センター
  • 菊池レモン
    東京都島しょ農林水産総合センター八丈事業所
  • 果肉だけレモン(酵素剥皮)
    農研機構果樹研究所
  • レモン加工製品と研究紹介
    ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
  • 広島レモン
    JA広島果実連
  • 青いレモンの島
    (株)いわぎ物産センター
  • 片浦レモン
    小田原柑橘倶楽部

3)試食・試飲

4)総合討議

※詳細については、「第12回農研機構・果樹研フルーツセミナー開催要領」をご覧ください。

場所

南青山会館
(東京都港区南青山5-7-10, Tel.03-3406-1365)
地下鉄銀座線・半蔵門線「表参道」駅(B3出口)から徒歩3分

募集対象

小売業者、食品産業事業者、料理関係者、一般消費者等、果物の品種や食材にご興味のある方

募集定員

120名程度(参加費無料)

参加申込み

定員に達しましたので、誠に申し訳ございませんが申込を締め切らせていただきます。

なお、参加内容のご変更またはキャンセルは、「フルーツセミナー申込内容変更・キャンセルフォーム」よりご連絡ください。

お問い合わせ

農研機構・果樹研究所フルーツセミナー事務局
Tel:029-838-6412 Fax:029-838-6440 電子メール:fruitseminar@ml.affrc.go.jp

法人番号 7050005005207