イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者 青少年

平成27年度農村工学研究所一般公開『 農村の未来を開く ~新しい技術の創造~』開催について

情報公開日:2015年3月16日 (月曜日)

開催日時

2015年4月17日(金曜日) 10時00分 ~ 16時00分

nkk2015opanday_ps

  • ●地震がどう伝わるか?見てみよう!!
  • ●味で体感 ~お米の塩害~
  • ●地図でタイムスリップ
  • ●進化する水車 ~模型の展示~
  • ●地域を拓く水路のネットワーク
  • ●野辺の草花による栞つくり
  • ●茨城県と農工研の連携展示
  • ●大型風洞で気流を見てみよう
  • ●発泡スチロールでさぐる鉄筋コンクリートの強さ
  • ●カエルの絵を描こう
  • ●チャレンジクイズ
  • ●スタンプラリー
  • (棚田米プレゼント)

実験棟での実験

・大型風洞で気流を見てみよう

日本有数の大型風洞を公開します。 気流をレーザーで可視化します。

開催時間     11時00分~15時00分(随時)

開催場所

農研機構 農村工学研究所
〒305-8609 茨城県観音台2-1-6

実験・体験

・地震がどう伝わるか、見てみよう

農業水利施設の耐震評価のための振動計測に関する研究の紹介です。 計測用のパソコン画面の前で、飛んだり、跳ねたりして、揺れがどう伝わるか体験してみよう

・発砲スチロールでさぐる鉄筋コンクリートの強さ

年間に国内で使われるコンクリート量は1人当たり約5トン。暮らしに不可欠な材料です。その弱点を補う相棒の鉄と出会って鉄筋コンクリートが生まれます。発泡スチロールを使って、その強さの秘密をさぐりましょう。

・味で体感 ~お米の塩害~

台風、高潮、津波などによる農地の冠水、農業用水や地下水への海水の侵入により塩害が発生します。生育障害が起きる塩分濃度はどれくらいかな?味で体験してみよう。

野辺の草花による栞づくり

構内に自生する春の草花で 栞をつくります。

農村の魅力発見! チャレンジクイズ

農工研の研究内容に関するクイズで 記念品をゲットしよう!

開催時間 4月17日(金曜日)

  • 1回目 11時00分~1120分
  • 2回目 1400分~1420分

スタンプラリー

スタンプラリー参加者の皆さんに棚田米を プレゼント!

カエルイラストワークショップ

最近カエルが少なくなってきました。その原因の一つは、田んぼの整備(圃場整備)が行われると、農作業がしやすくなる一方で、カエルが住みにくくなることです。
カエルは害虫を食べてくれる身近な生き物です。
かわいいカエルの絵をイラストレーターと一緒に楽しく描いて持ち帰ろう!

開催時間 4月17日(金曜日)

  • 1回目 10時00分~12時00分(10名)
  • 2回目 13時00分~15時00分(10名)

*事前予約制で子供優先

定員となりましたので募集を締め切りました。応募ありがとうございました。

*申し込みは、 Fax または、申し込みフォーム からお願いします。
FAXの方は、お名前、お歳(子供優先)、住所、 連絡先、受講希望日時をご記入のうえ送信下さい。

地図でタイムスリップ

地図と空中写真で過去と現在の土地利用変化を観察してみよう。

 

展 示

・進化する水車 ~模型の展示~

水路を流れる水には、発電したり水車を回すことができる能力があります。水車がどのように利用されるのかわかります。

・地域を拓く水路のネットワーク

みなさんの身近にある「水路」、水はどこから来てどこへ向かうのか?
「水路」がつなぐ地域のこれまでとこれから、お話ししませんか?

・農地を守る三面一体化堤防模型の展示

津波の越流や地震に粘り強く抵抗する強靱な海岸堤防の模型を展示します。

研究成果パネル

実物や模型の展示とともに、これまでの研究成果をパネル展示します。

・茨城県内の美しい農村の姿と茨城県と農工研の協力展示
(茨城県農林水産部農地局共催)

・大好きいばらきミドリン(水土里)子ども絵画コンクール作品展示
・大好きいばらき農業農村フォトコンテスト作品展示
・魅力と活力あふれる農業・農村づくり(茨城県内の事業紹介)

法人番号 7050005005207