イベント・セミナー詳細

専門家 生産者

「農業微生物研究シンポジウム」の開催について

情報公開日:2015年6月11日 (木曜日)

趣旨

肥料原料の国際市況の高騰による肥料価格の高騰、食の安全・安心や環境問題への国民の意識が高まる中で、従来の化学肥料や化学農薬の多投入による資源浪費型農業から持続的農業へ転換が求められている。こうしたなか、共生微生物がもつ植物の生育促進効果や病害防除効果などの有用機能をいかに活用すべきかが持続的農業のための重要なポイントとなっている。

上記のような背景から、本シンポジウムでは減肥料を可能にする新規微生物資材の開発を目的とした農林水産省の競争的資金(農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業・26065B)「施用効果の安定性に優れ、低コスト省力型栽培を可能にする新規微生物資材の開発」の成果について報告する。また、農業微生物研究分野において農業現場を意識した研究を活発に展開している国内の中心的な科学者を招待し、最新の話題提供を通して当該研究分野の活性化を期待すると同時に、今後の十勝・北海道・日本における持続的農業の発展と国際競争力の強化に資することを目的とする。

開催日時

平成27年7月9日(木曜日)13時00分~17時00分(12時30分開場)

開催場所

とかちプラザ 2階 視聴覚室
(北海道帯広市西4条南13丁目 Tel:0155-22-7890)

内容

添付ファイル「開催要領」をご参照下さい。

参集範囲

農林水産省関係者、持続的農業・農業関連の環境問題に興味を有する市民・生産者、都道府県職員、市町村職員、農業団体職員、農業改良普及指導員、公的機関及び民間の研究者等

参加費

無料

主催

農林水産業・食品産業科学技術推進事業「26065B」・農業微生物シンポジウム事務局

定員

120名

参加申込み

添付ファイル「申込書」に氏名等をご記入頂き、下記のあて先までお申込下さい。締め切りは7月6日とさせていただきます。

参加申込み・問い合わせ先

農研機構 北海道農業研究センター 芽室研究拠点
畑作基盤研究領域主任研究員 岡崎和之
Tel:0155-62-9271 Fax:0155-61-2127
E-mail:okakazu(at)affrc.go.jp・・・メール送信の際は(at)を@に置き換えて下さい。

法人番号 7050005005207