イベント・セミナー詳細

一般 生産者 青少年

農研機構中央農研市民講座「リンゴもミカンも温暖化で変わる」

情報公開日:2015年8月24日 (月曜日)

講演者

杉浦俊彦(果樹研究所 栽培・流通利用研究領域 上席研究員)

日時

2015年10月10日(土曜日) 9時30分~10時30分

講演内容

リンゴやミカンのような果樹は、温暖化の影響をとくに受けやすい作物とされ、将来の栽培適地は北に大きく動くといわれています。しかし、高々2、3°Cの気温上昇でそんなダイナミックな変化が、どうして起きるのでしょうか。温暖化ってそんなにスゴイの?といった疑問にお答えします。

茨城県内のミカン園
茨城県内のリンゴ園
 

茨城県内のミカン園(左)とリンゴ園

現在と2060年代のミカンの適地

現在と2060年代のミカンの適地

定員

約70名(事前の申し込み不要)

参加費

無料

場所

食と農の科学館(つくば市観音台3-1-1)

問い合わせ先

情報広報課 Tel 090-2460-0423

法人番号 7050005005207