イベント・セミナー詳細

畜産草地研究所

専門家 生産者

平成27年度 農研機構シンポジウム「自給飼料低コスト生産と新機能活用に向けた新展開」

情報公開日:2015年10月20日 (火曜日)

開催要領

1.趣旨

わが国の畜産を取り巻く情勢は、飼料価格の高止まりや酪農家の減少等、大変厳しさを増しています。畜産農家の安定した経営のためには低コストな国産自給飼料の供給・利用を推し進めていく必要があります。さらに、最近は、牧草・飼料作物に家畜の健康増進に寄与する新機能が付与されてきており、これを活用することも安定経営あるいは地域の特性を活かした経営に繋がります。このため、農研機構などが開発した自給飼料低コスト生産と新機能活用に関わる技術とその利用を紹介し、普及に取り組むために農研機構シンポジウムを開催します。

なお、本シンポジウムは、農研機構畜産草地研究所が例年開催している「自給飼料利用研究会」および「飼料用イネ・TMRセンターに関する情報交換会」を本年度に限り合同開催とするものです。

2.主催

農研機構畜産草地研究所

3.日時

第1日目 平成27年12月7日(月曜日) 10時30分~16時55分
第2日目 平成27年12月8日(火曜日) 9時00分~12時15分

4.場所

発明会館 (東京都港区虎ノ門2-9-14)
http://hatsumeikaikan.com/access1.html

5.講演内容

(敬称略)

第1日目 12月7日(月曜日)

挨拶
農研機構畜産草地研究所等 (10時30分~10時45分)

シンポジウム第1部 「低コスト生産技術および新機能を活用した自給飼料生産」

  • 基調講演
    「自給飼料生産の実証的検証と六次産業化への発展可能性」
    日本獣医生命科学大学 長田 雅宏 (10時45分~11時45分)
  • 行政報告
    「自給飼料施策の展開について」
    農林水産省生産局畜産部飼料課 富田 育稔 (13時00分~13時30分)
  • 研究・事例紹介
    • 「飼料用イネの疎植栽培が生育、収量および飼料特性に及ぼす影響」
      筑波大学生命環境系 加藤 盛夫 (13時30分~14時00分)
    • 「飼料用米の価格条件からみたコスト低減の課題と展望」
      農研機構畜産草地研究所 恒川 磯雄 (14時00分~14時30分)
    • 「TMRセンターとコントラクターのシナジー効果でコスト低減に取り組む」
      ファームサポートかとり株式会社 長嶋 透 (14時30分~15時00分)
      (休憩)
    • 「品質・機能性を改良した飼料作物品種の開発と利用」
      農研機構畜産草地研究所 内山 和宏 (15時15分~15時45分)
    • 「自給飼料を用いた生乳の差別化」
      岐阜大学 八代田 真人 (15時45分~16時15分)
  • 総合討論 (16時15分~16時55分)

情報交換会:発明会館内クラブ (18時00分~)

第2日目 12月8日(火曜日)

シンポジウム第2部 「飼料用イネ・TMRなど自給飼料生産に関わる新技術」

  • 研究・事例紹介
    • 「飼料二毛作で簡易耕うんとトウモロコシ播種を同時工程で行う作業と効果」
      農研機構畜産草地研究所 住田 憲俊 (9時00分~9時30分)
    • 「アルファルファ不適地での飼料用ダイズ生産~新たな蛋白源飼料として」
      農研機構東北農業研究センター 魚住 順 (9時30分~10時00分)
    • 「肉用牛向け稲・麦WCSの給与技術」
      農研機構畜産草地研究所 山田 知哉 (10時00分~10時30分)
      (休憩)
    • 「稲発酵粗飼料(稲WCS)を用いたバイオエタノールと家畜飼料の同時生産」
      農業環境技術研究所 堀田 光生 (10時45分~11時15分)
    • 「自走式ベールラッパ用ロールベール計量装置」
      農研機構畜産草地研究所 喜田 環樹 (11時15分~11時45分)
    • 「近赤外分析計による自給飼料の新規検量線作成」
      農研機構畜産草地研究所 大森 英之 (11時45分~12時15分)

閉会

6.参集範囲

農林水産省、都道府県、大学、団体、民間等の関係者

7.参加費

無料

8.参加定員

250名(先着申込み順)

9.参加申込

定員に達しましたので、受付は終了しました。

申込締切

11月20日(金曜日)

お申し込みのキャンセル

https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro075/tmr2

問い合わせ先

農研機構畜産草地研究所 企画管理部 那須企画管理室 連絡調整チーム
Tel: 0287-37-7005 Fax: 0287-37-7132 E-mail: kouryu_nasu@naro.affrc.go.jp

法人番号 7050005005207