イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

農研機構近中四農研セミナー「水田里山の畜産利用と土作りを基礎にした中山間地域営農発展の可能性と研究課題」

情報公開日:2015年10月29日 (木曜日)

チラシ画像画面をクリックするとチラシ(PDF)ファイルを開けます

申込専用フォームはこちら

趣旨

農業労働力の脆弱化が進む中山間地域では、担い手経営への農地集積と若年者の安定雇用可能な収益性の高い営農構築が必要不可欠です。しかし、比較的規模の大きい集落営農等においても、中小型機械体系による営農が主流で、労働生産性及び収益面で限界があり、若年者雇用の事例は少ない現状です。また近年、農地の省力管理目的で普及しつつある小規模移動放牧による家畜生産を行う事例でも、労働生産性や収益性は必ずしも高くなく、若年者の雇用確保に至っていません。
そこで本研究セミナーでは、水田・里山の畜産利用と大型機械利用により、小区画水田や里山を対象としながらも、高付加価値につながる土作りと圃場基盤形成及び省力的生産管理を両立し、高い収益性を確保し、若年者の雇用を実現している先進的経営者の方々の営農技術の理解を通して、中山間地域農業の展開方向を共通に認識するとともに、その発展に向けて今後どのような研究課題が必要なのかを、参加者の皆さんと共に議論いたします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

開催日時

平成27年12月7日(月曜日)13時~17時

開催場所

岡山国際交流センター 2階 国際会議場 (岡山県岡山市北区奉還町2-2-1) TEL:086-256-2905

アクセス: JR 岡山駅西口下車、徒歩5分

参加費

無料

募集対象

都道府県行政・普及機関、農林水産省関係部局、生産者・生産者団体、民間企業、大学、公設試験研究機関、農業・環境関係研究法人など

募集定員

100名(定員になり次第、申し込みを締め切ります。)

開催内容

農研機構近中四農研セミナー「水田里山の畜産利用と土作りを基礎にした中山間地域営農発展の可能性と研究課題」

受付開始 12時

 開会挨拶・セミナー趣旨説明 13時~13時20分

事例報告 13時20分~15時20分

「堆肥投入と深耕を基礎とする省力かつ高収益水田作営農の実現」

有限会社田中農場 田中正保(鳥取県)

「農牧輪換による水田管理の省力化と土作りによる高収益水田作営農の可能性」

農事組合法人アグリード羽根 黒田幸司(島根県)

「酪農6次化の展開と水田活用による若年者雇用の実現」

有限会社トムミルクファーム 沖 正文(広島県)

「周年親子放牧とコントラクター連携による水田里山活用と高収益畜産の実現」

有限会社冨貴茶園 永松英治(大分県)

休憩 15時20分~15時30分

総合討論 15時30分~16時50分

司会 農研機構近畿中国四国農業研究センター 千田雅之 

パネリスト 事例報告者の皆さん

閉会挨拶 16時50分~17時

参加申込み

平成27年11月19日(木曜日)までに、下記URLから申込みいただくか、別紙申込用紙にご記入の上、メール、ファックス等でお申し込み下さい。

お問合せ

農研機構 近畿中国四国農業研究センター 運営チーム長 平野知子(ひらのともこ)

E-mail: こちらへ

Fax: 084-923-5215   Tel:084-923-5248

法人番号 7050005005207