イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

「第6回 農研機構 新技術説明会 -食と農の新たなビジネス創出を目指して」を開催します。

情報公開日:2016年2月 3日 (水曜日)

第6回 農研機構 新技術説明会 -食と農の新たなビジネス創出を目指して

概要

JST(科学技術振興機構)と共催の「第6回 農研機構 新技術説明会」を以下の通り開催いたします。

農研機構のライセンス・共同研究可能な特許技術について、開発に携わった研究者自らが説明し、個別に技術移転、共同研究などの相談を受けます。

下記の特許技術の活用や共同研究にご興味のある方々のご参加をお待ちしております。

開催日時

平成28年2月23日(火曜日) 12時45分~15時30分

開催場所

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 東京本部別館1Fホール
(〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K's五番町)

参加費

無料

主催

国立研究開発法人科学技術振興機構
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構

共催

独立行政法人中小企業基盤整備機構
全国イノベーション推進機関ネットワーク

プログラム

開場12時15分

 

主催者挨拶12時45分-12時50分

理事 塩谷 和正

 

農研機構における産学官連携の取組 12時50分-13時00分

連携普及部 統括コーディネーター 坂井 真

 

【環境】 可視光で殺菌できる「新・光触媒」 13時00分-13時25分

野菜茶業研究所 野菜病害虫・品質研究領域 主任研究員 森川 クラウジオ 健治

 

【アグリ・バイオ】 γ-アミノ酪酸(GABA)の効率的製造方法と、
それを利用した野菜類の高付加価値化 13時30分-13時55分

北海道農業研究センター 畑作基盤研究領域 主任研究員 瀧川 重信

 

【機械】 施用位置の変更が可能な、肥料等を局所的に施用できる装置14時00分-14時25分

九州沖縄農業研究センター 水田作研究領域 主任研究員 土屋 史紀

 

【創薬】 紫外線照射による皮膚の炎症・障害を防ぐアミノ酸代謝産物 14時30分-14時55分

畜産草地研究所 畜産物研究領域 主任研究員 高山 喜晴

 

【アグリ・バイオ】 肝クッパー細胞を簡便・大量に回収できる新規培養方法15時00分-15時25分

動物衛生研究所 病態研究領域 上席研究員 山中 典子

 

閉会15時25分

 

各発表終了後、名刺交換、及び個別相談を行います。個別相談を希望される場合はお申し出下さい。
希望者多数の場合は、相談時間を決め、順番に対応いたします。

 

参加申込み

参加申込みは国立研究開発法人科学技術振興機構 新技術説明会サイト(申込み受付中の説明会のページにある参加申込みページ)からお申し込み下さい。

 

法人番号 7050005005207