イベント・セミナー詳細

一般 生産者 青少年

農研機構市民講座「南の島の害虫退治」

情報公開日:2016年3月16日 (水曜日)

講演者

守屋 成一(中央農研)

日時

2016年5月14日(土曜日) 9時30分~10時30分

講演内容

南西諸島や小笠原諸島には、果樹や果菜類の世界的な大害虫ウリミバエとミカンコミバエがいましたが、不妊虫放飼法と雄除去法という化学農薬に頼らない方法を使って一匹残らず退治しました。これで南国のおいしい果物や野菜が本土に自由に出荷できるようになりました。その後、南西諸島ではサツマイモの大害虫アリモドキゾウムシとイモゾウムシの退治に取りかかり、沖縄県の久米島からアリモドキゾウムシを一掃することに成功しました。昨年夏、奄美大島にミカンコミバエが再侵入してしまい、特産のタンカン類などの島外出荷ができなくなりました。一刻も早い再根絶に向けて、今日も懸命の防除作業が行われています。

ウリミバエ写真

ウリミバエ

アリモドキゾウムシ写真

アリモドキゾウムシ

ミカンコミバエ写真

ミカンコミバエ

定員

約70名(事前の申し込み不要)

参加費

無料

場所

食と農の科学館(つくば市観音台3-1-1)

問い合わせ先

中央農研 Tel 090-2460-0423
(4月1日以降:農研機構本部広報担当(Tel 029-838-8988))

法人番号 7050005005207