イベント・セミナー詳細

専門家

農研機構シンポジウム「鳥インフルエンザと野生動物」(プログラムを変更しました。)

情報公開日:2016年9月26日 (月曜日)

主催

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門

日時

2016年9月29日(木曜日)10時00分開演

場所

JA共済ビルカンファレンスホール
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1F [外部リンク:アクセスマップ]

プログラム変更のお知らせ

農研機構シンポジウム「鳥インフルエンザと野生動物」に参加を申し込みいただきありがとうございます。
ご講演をお願いしていた中国ハルビン研究所Hualan Chen博士におかれましては、ご家族の体調不良のため、急遽シンポジウムへの参加を辞退したいとの申し出をいただきました。このため誠に残念ですが、本シンポジウムでの先生のご講演をキャンセルとさせていただきます。
これに伴い、日本野鳥の会 参与 金井 裕先生から、「農場周辺の野鳥の調査(仮題)」についてのご講演をいただけたることとなりましたので、下記の様にプログラムを変更させていただきます。

主催者挨拶

  • 10時00分~10時20分

講演

養鶏場における鳥インフルエンザと野生動物

座長:内田 裕子(農研機構 動物衛生研究部門)

  • 10時20分~11時10分
    野鳥から分離された鳥インフルエンザウイルスの家禽に対する病原性
    農研機構 動物衛生研究部門
    西藤 岳彦
  • 11時10分~12時00分
    農場周辺の野鳥の調査(仮題)
    日本野鳥の会 参与
    金井 裕
  • 12時00分~13時00分
    休 憩
  • 13時00分~13時50分
    農場周辺の野生動物について
    − 農場内への侵入実態と高病原性鳥インフルエンザウイルス伝播の可能性 −
    鳥取大学農学部共同獣医学科獣医衛生教育研究分野附属 鳥由来人獣共通感染症研究センター
    山口 剛士

鳥インフルエンザウイルスの拡散と野生動物

座長:西藤 岳彦(農研機構 動物衛生研究部門)

  • 13時50分~14時40分
    国内において分離された鳥インフルエンザウイルスと渡り鳥の関係について
    農研機構 動物衛生研究部門
    金平 克史
  • 14時40分~15時30分
    鹿児島県出水ツル渡来地における鳥インフルエンザの流行状況
    鹿児島大学共同獣医学部附属 越境性動物疾病制御研究センター
    小澤 真
  • 15時30分~16時20分
    Role of wild birds in the spatial spread of avian influenza viruses in Korea
    韓国獣医科学検疫院
    Youn-Jeong Lee
  • 閉会

参加申し込み

会場定員に達したため参加申し込みは締め切りました。
多数のお申し込みありがとうございました。

お問い合わせ先

詳細(取材以外)についてのお問い合わせは下記までご連絡下さい。

農研機構 動物衛生研究部門 農研機構シンポジウム事務局
E-mail: NAROsymposium2016_AIV@ml.affrc.go.jp

取材の申し込み・お問い合わせ先

会場定員に達したため申し込みは締め切りました。

法人番号 7050005005207